Google Play Musicの始め方とクレカ情報を削除する方法

google play musicのスクリーンショット

ついにGoogle Play Musicが日本でも正式にサービスを開始しました。ストリーミングサービスもありますが、何よりも今までに溜め込んできたMP3やFLAC、ALACのファイルを5万曲までアップロードしていつでもどこでも聴けるようになるロッカー機能が強力です。

このロッカー機能は無料で使えるので、iTunesから曲を買っていない人はiTunes Matchを使う必然性がほとんどなくなります。こちらはiOSだろうがandroidだろうが関係なく、インターネットとブラウザだけあればいつでもどこでも使える点も有利。

自分の音楽ファイルをアップロードして聴くだけなら無料ですが、最初にクレジットカード、デビットカード、またはコンビニなどで売っているGoogle Play Storeギフトカードのコードを登録する必要があります。一度Google Play Musicを使い始めたあとは、有料サービスを使わない場合カード情報を削除しても大丈夫です。

Google Play Musicに登録する

Google Play Musicの公式ページにアクセスしてGoogleアカウントでログインし、オレンジ色の使ってみるをクリックします。

google musicのトップページ

下のような画面が表示されるので、カードかストアのコードのうち登録する方を選択します。カード情報は後からすぐ削除できますし、初月は無料なので請求も来ません。

支払い方法の選択

カード情報を入力し、認証されると下のような画面が表示されます。有料サービスを使わない場合でも、一度定期購入サービスに登録する必要があります

定期購入を選択

これで登録は完了です。ストアから自分の好きなアーティストを選んで聴き放題サービスを利用することができます。自分の音楽ファイルを登録したい場合は、左上のメニューから「音楽をアップロード」を選択し、iTunesの音楽フォルダなど、音楽ファイルを保存しているフォルダを選択すればアップロードが始まります。

ブラウザ版のgoogle play music

音楽をアップロード

Google Play Musicの主な機能、使い方に関しては以下の記事に詳しく書いたので合わせてどうぞ。

定期購入を解約しクレジットカード情報を削除する

有料サービスを使わないのであれば、カード情報をGoogleから削除しておきましょう。まずはGoogle Walletのページにアクセスします。

支払い方法を選択

お支払い方法を選択すると、登録したカード情報が表示されるので、削除を選択します。

登録したクレジットカード情報

すると定期更新サービスを解約するように言われるので、「定期購入を更新」を選択します。次の画面で「定期更新を解約」を選択します。

定期購入を解約

定期購入を解約

これで定期購入が解除されたので、もう一度支払い方法のところからクレジットカード情報を削除します。お支払い方法を選択して以下の様な画面になれば無事終了です。

支払い方法が選択されていません

一度定期購入を解約しても、最初に登録してから1ヶ月経つまでは再度無料で登録できるようです。

シェアする

フォローする