iPhone 12 / mini / Pro / Pro Max / SEはどこで買う?各キャリアとsimフリーを比較!

iPhoneの2020年最新モデル「iPhone 12 / mini / Pro / Pro Max / SE」は

を詳しく紹介します。

iPhone 12 / mini / Pro / Pro Max / SEはどこで買うとお得?

Appleは自社製品の販売に関してキャリアとかなり厳しい条件を結んでいると言われており、ドコモ、au、ソフトバンクの新型iPhoneを正規店で購入する場合、発売からしばらくの間はどこで買っても料金プランを含めたトータルの維持費は変わりません。

唯一差が出るのは契約時の手数料やポイント、キャンペーンによる割引になります。

一番のおすすめはキャリア公式のオンラインショップ

iPhoneを購入する際に街中のキャリアショップへ足を運んでいる方も多いと思いますが、キャリアショップで買うより公式のオンラインストアを利用した方が時間や料金の面でお得です。

キャリアショップの店頭購入では手数料とは別に頭金(3000円〜)と呼ばれる料金をとられることがありますが、オンラインストアではその心配がありません。

キャリアショップは常に混み合っており待ち時間も長く、仕事や学校終わりに駆け込んでも当日受付が終了している場合がありますし、予約してもいざ店頭に出向いたら前の客が長引いていて定刻どおりに契約できないこともよくあります。

また、近年は携帯料金の支払い遅れなどを理由にiPhoneの分割払いの審査落ちをする人も相次いでいます。

店頭で店員さんに審査落ちを告げられるのは気まずい上、お互いに商談に費やした時間が無駄になり店舗にも迷惑がかかるので審査に不安のある人もオンラインストアの方が安心。

今使っている機種を下取りにだす場合は郵送になる(送料は無料)ので少し手間がかかりますが、下取り分のポイントはそのまま携帯料金に充填できるため店頭で下取りに出した場合と違いがでることはありません。

オンラインで購入したiPhoneを近所のキャリアショップで受け取ることも可能ですし、購入後のサポートは全国のキャリアショップで受けられるので、購入手続きはオンラインで済ませておくのが確実。

特にドコモはオンラインだと契約手数料が完全無料なのでオンラインショップを利用しない理由がありません。

ドコモオンラインはMNPのみiPhene12、12 mini、12 Pro、12 Pro Max、SEが22000円引き(または同額のdポイント還元)キャンペーン中。

auオンラインは新規でiPhone 12、12 mini、12 Pro、12 Pro Max、SEが11000円割引、MNPは22000円割引キャンペーン実施中! 11シリーズは機種変も22000円割引の対象となります。

ソフトバンクオンラインはMNPでメリハリプランを契約するとiPhone 12、12 mini、12 Pro、12 Pro Max、SEが21600円引き、機種変更は5280円割引き、さらに契約手数料3300円が無料になります。

一括購入なら家電量販店もあり?

数年前は、大手の家電量販店でキャリアのiPhoneを一括購入した場合に限り5%程度のポイントをつけてくれることがありました。

しかし近年はApple製品のポイント還元については限定的で1%程度のお店が多いようです。

量販店の保有ポイントもキャリアのiPhone契約の割引には使えない、と言われる可能性が高いです(一部の店舗で取り扱っているsimフリーモデル単体の購入ならば使える)。

もしポイント狙いで家電量販店へ行くなら、商談に入る前に必ず店員さんとポイントについて話し合っておきましょう。

アップルストアでキャリアのiPhoneを購入

アップルストアでは、simフリーモデルの購入だけでなくキャリアの契約手続き(機種変更、新規、MNP)も可能。

家電量販店と同様、Apple Storeの中にもキャリアの契約窓口がある、と解釈しておくといいでしょう。

キャリアの回線と一緒に契約した場合、もちろんトータルの維持費はキャリアのものに準じます(simロックもかかります)。

キャリアショップ同様、24分割での購入、今使っているiPhoneの下取りも可能。

simフリーのiPhoneについて

日本向けのiPhoneはすべて同じ型番(モデル番号)

総務省の指示によってsimロック解除が義務付けられたこともあり、6s以降の日本向けiPhoneは3キャリア、Apple Storeのsimフリーいずれも同じ型番(モデル番号)で統一されています。

最新型のiPhone 12 / mini / Pro / Pro Max / SEについても3キャリア全ての型番が同じです。

つまり、どこのキャリアで買っても、simロックさえ解除すればApple Storeで売っている日本向けのsimフリーモデルと全く同じものになります。

2017年12月1日より、一括で購入したiPhoneはその場でsimロックの解除が可能(3キャリアすべて)になりました。

分割購入したiPhoneのsimロック解除は、契約から101日経過後に申請することができます。

3キャリアともネットから手続きをすればロック解除は無料です(店頭で頼むと要手数料)。

一括ならApple Storeのsimフリーモデルの持ち込みが安いが注意も必要

2019年より長年続いてきた「キャリアのプランと紐ついた端末代割引」が廃止されました。

各キャリアのiPhoneはApple Storeのsimフリーモデルよりやや割高なので、高額なiPhoneの代金を一括で払える人はApple Storeで購入したiPhoneをキャリアに持ち込んで手続き(機種変更の場合は自分でsimカード入れ替え※)をしたほうが少し安くなります。

Apple Storeのsimフリーモデルの価格(税込)
64GB128GB256GB512GB
iPhone 12 mini822808778099880
iPhone 129438099880111980
iPhone 12 Pro117480129580153780
iPhone 12 Pro Max129580141680165880

ただし、Apple Storeでsimフリーモデルだけを別で購入する場合、iPhoneの故障対応については完全な自己責任となりキャリアショップでは受け付けてもらえません。

自分でApple Storeなどへの持ち込み修理ができない人はキャリアから購入しておいたほうがサポートの面では安心。

またApple Storeや正規サービスプロバイダの修理窓口は混み合っており、予約も2〜3日後まではとれないことが多いです。

キャリアでiPhoneを購入した場合はショップに駆け込めば故障時に代替機を貸してもらえますが、simフリーモデルのiPhoneが突然故障してしまうと修理の予約がとれるまでの数日間スマホが使えなくなってしまう可能性があることも考慮しておいたほうがいいでしょう。

Apple Storeは修理予約自体もネットが基本なので、スマホ以外の通信手段を持っていない場合、友人や同僚などの助けが必要にもなります。

キャリアの場合、Apple Careにも独自の便利な保証サービスが追加されているのも利点。

なお上記の通りキャリアで購入したiPhoneもロックを解除すればsimフリーになるので、端末自体をどこで買っても性能の差は一切ありません。

Apple Storeで商品(一部製品を除く)を購入する場合、楽天リーベイツを経由して申し込むと1%の楽天ポイント還元があるので、楽天と手持ちのクレジットカードのポイントを二重取りできます!

楽天リーベイツのApple storeポイント還元

iPhoneは高額のため、1%でもかなりのポイントになるのでぜひ活用しましょう。

楽天ポイントはiTunesやAppStoreのポイント購入にもつかえる(要クレカ)ので、有料アプリやゲームの課金、各種サブスクやiCloudストレージの支払いで簡単に消費できます。

2年ごとの買い替えならばキャリアの実質レンタルオプションも一つの選択肢

ドコモ、au、ソフトバンクには、機種代を48分割(ドコモは36分割)にした上で2年後に新機種にお得に変更できるオプションがあります。

これはいわば、機種代金の半額(ドコモは2/3)だけを支払うことで、2年間キャリアからiPhoneをレンタルするプラン※といえます。

これらのオプションで契約した場合、2年後に

の選択を迫られることになります。

分割に金利や手数料は不要、かつ一括精算による機種買取はキャリアショップでいつでもできる(= 機種代を支払えばいつでもオプションを解除できる)ため特にデメリットはありません。

要は故障さえなければキャリアが2年後にiPhoneを新品の半額(ドコモは1/3)の値段で買取してくれる保証がつく(+ 必ずキャリアに売却する必要はない)ということです。

このオプションを詳しく調べずにキャリアを批判する記事や動画が散見されますが、2年間使い古したsimフリーモデルのiPhoneが定価の半額で売却できる可能性は限りなく低いです。

実際、2020年10月時点で中古のiPhone XS(2018年発売。税込み定価約12万円)のメルカリやヤフオク相場は美品かつ箱、付属品込でも40000円程であり、売買サービス利用の手数料約1割を引くと実質35000円程度になってしまいます。

よって同じキャリアを使い続ける、2年後に必ず最新のiPhoneに買い換える、その際に古いiPhoneが手元に残らなくてよい、の3点に当てはまる人、または同じ機種を長く使い続けるつもりの人であればsimフリーモデルよりキャリアの実質レンタルオプションを検討する価値は十分にあります。

ただし、これらのオプションで利用しているiPhoneは実質レンタル扱いのようなものなので2年後にキャリアに返却する際に傷や故障があると査定が下がり2万円以上の追加の支払いが生じる可能性があります

同じ機種を長く使い続けるつもりの場合は特に問題ないですが、オプションを活用して2年ごとに最新機種に乗り換える予定の人はケースやフィルムなどでしっかりiPhoneをきれいな状態に保っておかなければなりません。

iPhone 3キャリアの維持費を比較

iPhoneを24分割で購入したときの「素の維持費」の比較です(税込)。

今利用しているスマホの下取り、家族割、光回線とのセット割などを組み合わせるとさらに料金は下がります。

なお2019年10月以降の新プランでは、ドコモ、auは2年縛りの解約違約金が1000円、ソフトバンクは違約金が0円になったため、iPhoneのsimロックを解除したあとは比較的自由にキャリアを移動できるようになりました。

2021年3月以降の新プラン

政府からの値下げ要請に伴い、3キャリアとも20GB+5分カケホで月額2980円(auは5分カケホは別オプションで2480円)の新プランを発表しました。

これらのプランは手続き、サポートはオンラインのみ、かつ既存の割引の一部が適用されなかったり、キャリアメールが使えなったりと様々な制約があるので契約に際しては注意が必要です。

機種販売の有無も現時点では不明となります。

なお3キャリアとも手数料無料でこれらの新プランへ変更できる見込みです。

ドコモ

赤い背景に白い文字でdocomoと書いてあります

現行のプラン

ドコモ iPhone 12 miniの維持費
〜1GB〜3GB〜5GB〜7GB30GB(ギガホ)100GB(5Gギガホ)
通信料金327843785478657876788415
iPhone(24分割)3663
合計694180419141102411134112078
ドコモ iPhone 12の維持費
〜1GB〜3GB〜5GB〜7GB30GB(ギガホ)100GB(5Gギガホ)
通信料金327843785478657876788415
iPhone(24分割)4224
合計750286029702108021190212639
ドコモ iPhone 12 Proの維持費
〜1GB〜3GB〜5GB〜7GB30GB(ギガホ)100GB(5Gギガホ)
通信料金327843785478657876788415
iPhone(24分割)5379
合計8657975710857119571305713794
ドコモ iPhone 12 Pro Maxの維持費
〜1GB〜3GB〜5GB〜7GB30GB(ギガホ)100GB(5Gギガホ)
通信料金327843785478657876788415
iPhone(24分割)5940
合計92181031811418125181361814355
iPhone SE
〜1GB〜3GB〜5GB〜7GB30GB(ギガホ)
通信料金32784378547865787678
iPhone(24分割)2376
合計565467547854895410054
64GB、128GB以外のモデル
128GB256GB512GB
iPhone 12 mini+330+924
iPhone 12+330+924
iPhone 12 Pro+581+1683
iPhone 12 Pro Max+561+1683
iPhone SE+231+759
通話オプション
5分カケホ+770
カケホ+1870
保証サービス:Apple Care
12 Pro / 12 Pro Max+1045
12 / 12 mini+770
SE+587
ギガホ割(6ヶ月)
ギガホ割(4G、5G)▲1100

23歳以下は以下の割引が受けられます。ギガライトプランは通信量も+2GB増量。

ロング割
6ヶ月間満23歳まで
ギガライト (5Gも含む)▲550▲550
ギガホ▲2288▲1100
5Gギガホ▲2750▲1100

2021年3月以降の新プラン(ahamo、ギガホプレミア)

ドコモ iPhone 12 miniの維持費
〜3GB〜無制限20GB(ahamo)
通信料566573153278
iPhone(24分割)3663
月額合計9328109786941
ドコモ iPhone 12の維持費
〜3GB〜無制限20GB(ahamo)
通信料566573153278
iPhone(24分割)4224
月額合計9889115397502
ドコモ iPhone 12 Proの維持費
〜3GB〜無制限20GB(ahamo)
通信料566573153278
iPhone(24分割)5379
月額合計11044126948657
ドコモ iPhone 12 Pro Maxの維持費
〜3GB〜無制限20GB(ahamo)
通信料566573153278
iPhone(24分割)5940
月額合計11605132559218
ドコモ iPhone SEの維持費
〜3GB〜60GB20GB(ahamo)
通信料536870183278
iPhone(24分割)2376
月額合計774493945654

ドコモはプランが一番シンプルで分かりやすいです。手数料なしで36分割も可能。

またドコモオンラインはMNPのみiPhene12、12 mini、12 Pro、12 Pro Max、SEが22000円引き(または同額のdポイント還元)キャンペーン中。

au

オレンジの背景に白い文字でauと書いてあります

現行のプラン

au iPhone 12 miniの維持費
~1GB~4GB~7GB無制限
通信料金3278492865789328
iPhone(24分割)3752
合計703086801033013080
au iPhone 12の維持費
~1GB~4GB~7GB無制限
通信料金3278492865789328
iPhone(24分割)4309
合計758792371088713637
au iPhone 12 Proの維持費
~1GB~4GB~7GB無制限
通信料金3278492865789328
iPhone(24分割)5312
合計8590102401189014640
au iPhone 12 Pro Maxの維持費
~1GB~4GB~7GB無制限
通信料金3278492865789328
iPhone(24分割)5912
合計9190108401249015240
au iPhone SEの維持費
~1GB~4GB~7GB無制限
通信料金3278492865789328
iPhone(24分割)2302
合計55807230888011630
64GB、128GB以外のモデル
128GB256GB512GB
12 mini+215+801
12+201+792
12 Pro+552+1695
12 Pro Max+552+1651
SE+250+831
通話オプション
5分カケホ+880
カケホ+1980
保証サービス:Apple Care
12 Pro / 12 Pro max+1309
12 mini / 12+979
SE+869
エンタメコンテンツ
with Amazon Prime+770
Netlfixパック+1100
テレビパック+1870
ALL Starパック+2750
5Gプラン割引(1年間)
5Gスタート割▲1100
スマホ応援割(6ヶ月間)
データMAX 5G▲1100
with Amazon Prime▲1540
NETFLIXパック▲1540
ALL Starパック▲1650
テレビパック▲1870

29歳以下(学生以外も可)は半年間さらに割引があります。

ワイド学割(半年間)
データMAX 5G▲1100
with Amazon Prime▲1430
NETFLIXパック▲1760
ALL Starパック▲1760
テレビパック▲1760

2021年3月以降の新プラン(povo、使い放題MAX)

au iPhone 12 miniの維持費
〜3GB無制限20GB(povo)
通信料558872382728
iPhone(24分割)3752
月額合計9340109906480
au iPhone 12の維持費
〜3GB無制限20GB(povo)
通信料558872382728
iPhone(24分割)4309
月額合計9897115477037
au iPhone 12 Proの維持費
〜3GB無制限20GB(povo)
通信料558872382728
iPhone(24分割)5312
月額合計10900125508040
au iPhone 12 Pro Maxの維持費
〜3GB無制限20GB(povo)
通信料558872382728
iPhone(24分割)5912
月額合計11500131508640
au iPhone SEの維持費
〜3GB無制限20GB(povo)
通信料558872382728
iPhone(24分割)2302
月額合計789095405030

auは5Gの無制限プランだと豊富な期間限定割引があるのでヘビーユーザーにおすすめ。

手数料なしの36分割購入もできるようになったので、au以外のキャリアを利用する予定のない人はこちらのプランで購入すると月々の支払いを抑えることが出来ます。

ただしプランや割引条件は3キャリアで一番複雑怪奇となっています。

またauオンラインは新規でiPhone 12、12 mini、12 Pro、12 Pro Max、SEが11000円割引、MNPは22000円割引キャンペーン実施中! 11シリーズは機種変も22000円割引の対象となります。

ソフトバンク

白い背景に黒字でsoftbankと書いてあります

現行のプラン

ソフトバンク iPhone 12 miniの維持費
〜1GB〜2GB〜5GB50GB(メリハリ)
基本料1078
データ通信料3300550071507150
iPhone(24分割)4020
合計8398105981224812248
最初の半年の合計729894981114811148
ソフトバンク iPhone 12の維持費
〜1GB〜2GB〜5GB50GB(メリハリ)
基本料1078
データ通信料3300550071507150
iPhone(24分割)4610
合計8988111881283812838
最初の半年の合計7888100881173811738
ソフトバンク iPhone 12 Proの維持費
〜1GB〜2GB〜5GB50GB(メリハリ)
基本料1078
データ通信料3300550071507150
iPhone(24分割)5730
合計10108123081395813958
最初の半年の合計9008112081285812858
ソフトバンク iPhone 12 Pro Maxの維持費
12 Pro Max
〜1GB〜2GB〜5GB50GB(メリハリ)
基本料1078
データ通信料3300550071507150
iPhone(24分割)6330
合計10708129081455814558
最初の半年の合計9608118081345813458
iPhone SE
〜1GB〜2GB〜5GB50GB(メリハリ)
基本料1078
データ通信料3300550071507150
iPhone(24分割)2400
合計677889781062810628
最初の半年の合計5678787895289528
通話オプション
5分カケホ+880
カケホ+1980
5Gオプション
5G+1100
64GBまたは128GB以外のモデル
128GB256GB512GB
iPhone 12 mini+270+840
iPhone 12+250+850
IPhone 12 Pro+600+1770
iPhone 12 Pro Max+600+1770
SE+270+870
保証サービス:Apple Care
12 Pro Max / 12Pro+1309
12 mini / 12 / SE+979

メリハリプランの場合、5歳から22歳(学生である必要はなし)のみ半年間の割引があります。2020年5月31日まで受付。

学割
2GB以下▲1188
2GB以上▲2838

2021年3月以降の新プラン(with LINE、メリハリ無制限)

ソフトバンク iPhone 12 miniの維持費
〜3GB無制限20GB(with LINE)
通信料558872383278
iPhone(24分割)4020
月額合計9608112587298
ソフトバンク iPhone 12の維持費
〜3GB無制限20GB(with LINE)
通信料558872383278
iPhone(24分割)4610
月額合計10198118487888
ソフトバンク iPhone 12 Proの維持費
〜3GB無制限20GB(with LINE)
通信料558872383278
iPhone(24分割)5730
月額合計11318129689008
ソフトバンク iPhone 12 Pro Maxの維持費
〜3GB無制限20GB(with LINE)
通信料558872383278
iPhone(24分割)6330
月額合計11918135689608
ソフトバンク iPhone SEの維持費
〜3GB無制限20GB(with LINE)
通信料558872383278
iPhone(24分割)2400
月額合計798896385678

ソフトバンクオンラインはMNPでメリハリプランを契約するとiPhone 12、12 mini、12 Pro、12 Pro Max、SEが21600円引き、機種変更は5280円割引き、さらに契約手数料3300円が無料になります。

以下、キャリアごとのサービスの特徴を解説します。

Docomo

赤い背景に白い文字でdocomoと書いてあります

僻地に強い

山や島など3Gしか届かないエリアの電波はドコモが圧倒的に強いです。キャンプ、登山、釣りなどアウトドア趣味の人はやはりドコモを持っていると安心です。

オンラインショップだとすべての手数料が無料に!

ドコモでは、2018年9月1日より公式のオンラインショップで手続きを行えば機種変更、新規契約、MNPすべての手数料(2000円〜3000円ほど)が無料になりました。

au

オレンジの背景に白い文字でauと書いてあります

データMAXプラン

auは2019年よりデータ利用量無制限のデータMAXプランをスタート。

テザリングなど外部機器の接続には制限があるものの、ヘビーユーザーは検討する価値があるでしょう。

データMax 5Gプランだと月々2000円以上の割引(半年から1年)があるのもポイント。

新規、MNPだと11000円 ~ 22000円割引キャンペーン中であり、学割も29歳まで(学生である必要はなし)と年齢の条件がゆるいため、一人暮らしで家にWIFIがない人などはauを第一候補にするといいでしょう。

auのiPhoneは3G回線が使えない

auは2017年以降に発売されたモデルのiPhoneに3G回線を提供しないことを発表しています(iPhoneの対応バンド自体にはauの3Gも含まれている)。

とはいえ、近年発売されたauのandroid機ではすでに3Gが利用できなくなっているものも多く、またau系の格安simでも3Gは利用できないためさほど心配はいらないでしょう。

ただし、現在auを利用していて生活エリア内でアンテナ表示が3Gに切り替わる場面がある人は検討が必要です。

softbank

白い背景に黒字でsoftbankと書いてあります

アメリカ放題

ソフトバンクでiPhone6以降のモデルを使っている人は、簡単な設定を行えばアメリカ本土及びハワイでsimを差し替えずに日本とほぼ同じ感覚で利用できます(グアムやサイパン、アラスカは対象外です)。

日米を行き来するグローバルなビジネスマン、アメリカに短期留学、旅行する予定のある人、または毎年の年末年始はハワイで、という芸能人のような生活をしている人には重宝するでしょう。

6月10日から子供がスマホデビュープランの対象に

ソフトバンクの「スマホデビュープラン」が2020年6月からガラケーからの乗り換え(機種変更、MNPどちらも可)だけでなく、5歳から15歳以下の子供でも利用可能になりました。

スマホデビュープランは月額2480円(税抜)で上限は1GB、+500円で2GBに増量できるライトユーザー向けの内容となっています。

最初の一年間は毎月1000円引き。

ソフトバンク スマホデビュープランの維持費
12 mini1212 Pro12 Pro MaxSE
通信料金2728
iPhone (24分割)40204610573063302400
合計67487338845890585128
最初に一年間の月額56486238735879584028

Yahoo!ショッピングのポイントが常に10倍

ソフトバンクユーザーは「スマートログイン」という簡単な設定を行えばYahoo!ショッピングLOHACOでの買い物に常に10倍のポイントがつきます

もとのポイントは1%なので10倍になると常に10%還元、つまり1万円の商品が実質9000円で購入できることになります。

ボーナス分にあたる9%のポイントは1ヶ月間の有効期限があるのですが、Yahoo!ショッピングでは食べ物や飲み物などの日用品も購入できるため、ポイントの使いみちに困ることはありません(ボーナス分のポイント還元は1ヶ月に5000円分が上限)。

まとめ

電波に関しては生活エリアなどによって差があるので今回の比較では除外しておきました。

ブラウザ、SNS、動画再生、スマホゲームといった日常的な利用であれば、20Mbpsでも100Mbpsでも体感の差はほとんど感じられないので、3大キャリアではあまり速さの数字にこだわる必要はないと思います。

紹介したとおり、新型iPhoneは発売からしばらく経過するまで大幅なキャッシュバックキャンペーンなどはほぼ行われないので、ネット上の手続きに抵抗がないのであればオンラインショップで購入すると時間、費用の両面でオトクです。

Apple Storeで商品(一部対象外あり)を購入する場合、楽天リーベイツを経由して申し込むと1%の楽天ポイント還元があるので、楽天と手持ちのクレジットカードのポイントを二重取りできます!

楽天リーベイツのApple storeポイント還元

iPhoneは高額のため、1%でもかなりのポイントになるのでぜひ活用しましょう。

楽天ポイントはiTunesやAppStoreのポイント購入にもつかえる(要クレカ)ので、有料アプリやゲームの課金、各種サブスクやiCloudストレージの支払いで簡単に消費できます。

シェアする