iPhone Xs, Xs Max, XRはどこで買う?各キャリアとsimフリーを比較!

iPhone Xsのゴールドモデル、iPhone XRのブルーモデルが黒い背景の上に表示されています

ついに発表されたiPhoneの2018年最新モデル「iPhone XS / XS Max / XR」はどこで買うとお得になるのか?、どのキャリアを選ぶといいのかを詳しく紹介します。

予約開始発売日
XS / XS MAX予約受付中!9月21日
XR10月19日10月26日

iPhone XS / XS Max /XR はどこで買うとお得?

Appleは自社の製品を扱う店舗に対して厳格な販売ルールを要求しており、発売からしばらくの間はどこで買っても同じ価格になります(正規店の場合。もちろんキャリアごとの販売価格は変わります)。

唯一差が出るのはポイントや手数料になります。

一番のおすすめはキャリア公式のオンラインショップ

iPhoneを購入する際に街中のキャリアショップへ足を運んでいる方も多いと思いますが、キャリアショップで買うより公式のオンラインストアを利用した方が時間や料金の面でお得です。

キャリアショップの店頭購入では手数料とは別に頭金(3000円〜)と呼ばれる上乗せ料金※をとられることがありますが、オンラインストアではその心配がありません。

キャリアショップは常に混み合っており待ち時間も長く、仕事や学校終わりに駆け込んでも当日受付が終了している場合がありますし、予約してもいざ店頭に出向いたら前の客が長引いていて定刻どおりに契約できないことが多いです。

また、近年は携帯料金の支払い遅れなどを理由にiPhoneの分割払いの審査落ちをする人も相次いでいます。店頭で店員さんに審査落ちを告げられるのは恥ずかしいので、審査に不安のある人もオンラインストアの方が安心。

今使っている機種を下取りにだす場合は郵送になる(送料は無料)ので少し手間がかかりますが、下取り分のポイントはそのまま携帯料金に充填できるため店頭で下取りに出した場合と違いがでることはありません。

もちろん購入後のサポートは店頭でも受けられるので購入手続きはオンラインで済ませておくのが確実です。

一括購入なら家電量販店

キャリアのiPhoneを一括で購入する人は、ヨドバシカメラなど家電量販店で一括購入するとお得になる可能性があります。

分割だと家電量販店のポイントはつきませんが、一括で購入すれば5%のポイントをつけてくれることが多いです。

iPhoneは高額のため、5%でも3000〜5000円くらいのポイントがもらえます。ケースやフィルムの購入資金にするのにちょうど良いですね。。

加えて、家電量販店での一括購入であれば、そのお店のポイントを値引きに使うことも可能。

ただしキャンペーンなどですでに端末代が割り引かれている場合はポイントがつかなかったり、保有ポイントを使えなかったりすることもあります。

また上記の通り店頭購入による頭金が請求されるとトータルではオンラインストアの方が安くなることもあるので、家電量販店で購入する際には商談の前にポイントや頭金の有無についてしっかり確認したほうがいいでしょう。

アップルストアでキャリアのiPhoneを購入

アップルストアでは、simフリーだけでなくキャリアのiPhone(機種変更、新規、MNP)も購入可能。

Apple Storeでは店員さんとマンツーマンで3キャリアの料金などを比較しながら選ぶことができ、家電量販店やキャリアショップで購入する場合とは雰囲気が違います。

キャリアの回線と一緒に契約した場合、もちろん料金はキャリアのものに準じます(simロックもかかります)。キャリアショップ同様、24分割の割賦で購入、今使っているiPhoneの下取りも可能。

どのキャリアがいいか自分では決めきれない、という場合はApple Storeで相談しながら購入するのもありでしょう。また簡単なレクチャーも行ってくれるので、初めてiPhoneを購入する人にもオススメ。

日本向けのiPhoneはすべて同じ型番(モデル番号)

総務省の指示によってsimロック解除が義務付けられたこともあり、6s以降の日本向けiPhoneは3キャリア、Apple Storeのsimフリーいずれも同じ型番で統一されています。

最新型のiPhone XS / XS Max /XRについても3キャリア全ての型番(モデル番号)が同じです。

つまり、どこのキャリアで買っても、simロックさえ解除すればApple Storeで売っている日本向けのsimフリー機と全く同じものになります。

2017年12月1日より、一括で購入したiPhoneはその場でsimロックの解除が可能(3キャリアすべて)になりました。

分割購入したiPhoneのsimロックの解除は、契約から101日経過後に申請することができます。3キャリアとも手続きは無料です。

以下では、3キャリアの料金やサービスの注意点を比較していきます。

iPhone 3キャリアの維持費

iPhone(64GBモデル)を24分割で購入し、かつ全員が対象になる割引のみを考慮した素の維持費(1人分の月額、税込)のまとめです。

au、ソフトバンクのiPhone XRについては価格が発表され次第追記します。

ドコモ

ドコモ iPhone XSの維持費
1GB3GB5GB20GB30GB
基本料10581058105810581058
ネット接続料324324324324324
データプラン31324320540064808640
機種代金(24分割)53735373537353735373
機種代相当の割引▲2457▲2457▲2457▲2457▲2457
合計7430861896981077812938
ドコモ iPhone XS Maxの維持費
1GB3GB5GB20GB30GB
基本料10581058105810581058
ネット接続料324324324324324
データプラン31324320540064808640
機種代金(24分割)59135913591359135913
機種代相当の割引▲2457▲2457▲2457▲2457▲2457
合計79709158102381131813478
ドコモ iPhone XRの維持費
1GB3GB5GB20GB30GB
基本料10581058105810581058
ネット接続料324324324324324
データプラン31324320540064808640
機種代金(24分割)41044104410441044104
機種代相当の割引▲2457▲2457▲2457▲2457▲2457
合計616173498429950911669
64GBモデル以外の場合
128GB256GB512GB
XS+756+1782
XS Max+756+1782
XR+270+756
通話オプション
5分カケホ+777
カケホ+1857

ドコモは新プランでも機種代の割引がつくため通信量に関わらず維持費が安く、また他2社と違って「料金を安くみせるひっかけ」もほとんどありません。

iPhoneの売り方に関してはとても誠実でわかりやすいプランになっていると思います。

上記のとおりドコモ オンラインショップで契約すると契約手数料が無料になるだけでなく機種代が5184円割り引かれ、合わせて7000円以上安くなるため、維持費を抑えたい人はドコモを一番に検討するべきでしょう。

au

auはピタットプラン、フラットプラン、NETFLIXプランで契約する場合、新規、機種変更、MNPすべての価格が同じになり、かつ機種代の割引である毎月割が適用されません。

au iPhone XSの維持費

機種変更
1GB3GB7GB20GB25GB(NF)30GB
基本料105818361008105810581058
ネット接続料324324324324324324
データプラン183645366156509761777257
機種代金(24分割)536053605360536053605360
機種代相当の割引▲2710▲2710
合計8578934610138118391291913999
1年目の月額101981073812358
新規、MNP
1GB3GB7GB20GB25GB(NF)30GB
基本料105818361008105810581058
ネット接続料324324324324324324
データプラン183645366156509761777257
機種代金(24分割)536053605360536053605360
機種代相当の割引▲3110▲3110
合計857889469738118391291913999
1年目の月額101981073812358

au iPhone XS Maxの維持費

機種変更
1GB3GB7GB20GB25GB(NF)30GB
基本料105818361008105810581058
ネット接続料324324324324324324
データプラン183645366156509761777257
機種代金(24分割)612061206120612061206120
機種代相当の割引▲2710▲2710
合計93381010610898125991367914759
1年目の月額109581149813118
新規、MNP
1GB3GB7GB20GB25GB(NF)30GB
基本料105818361008105810581058
ネット接続料324324324324324324
データプラン183645366156509761777257
機種代金(24分割)612061206120612061206120
機種代相当の割引▲3110▲3110
合計9338970610498125991367914759
1年目の月額109581149813118
64GBモデル以外の場合
256GB512GB
XS+760+1800
XS Max+760+1800
通話オプション
ピタット/NF/フラットデータ定額(LTEプランを除く)
5分カケホ+540
カケホ+1620+1080

auはプランの数が多く、また同じ通信量でもプランによって維持費が変わるため非常に複雑です。

ソフトバンク

ソフトバンクの新プランは、ミニモンスターで2GBを超えると50GBプランの方がお得になってしまうというかなり極端な内容です。

ただ新しい50GBプランではYoutube、Abema TV、インスタなどの通信量がノーカウントで使い放題という凄まじいメリットを享受できます。ヘビーユーザーは間違いなく検討する価値があるでしょう。

また新プランでは基本料金に2年縛りをつけない場合の増額分(+2916円)よりも機種代割引(月月割、ー3050円)の方が大きくなるので、2年縛りをつけない方が134円安くなります。(2年縛りをつけると基本料は下がりますが機種代の割引はつきません)

ソフトバンク iPhone XS の維持費(新プラン)
1GB2GB4GB5GB50GB
基本料42124212421242124212
ネット接続料324324324324324
データプラン26784838645875386458
機種代金(24分割)57005700570057005700
機種代相当の割引▲3050▲3050▲3050▲3050▲3050
合計986412024136441472413644
1年目の月額878410944125641364412564(11485)
ソフトバンク iPhone XS Maxの維持費(新プラン)
1GB2GB4GB5GB50GB
基本料42124212421242124212
ネット接続料324324324324324
データプラン26784838645875386458
機種代金(24分割)62406240624062406240
機種代相当の割引▲3050▲3050▲3050▲3050▲3050
合計1040412564141841526414184
1年目の月額932411484131041418413104(12024)
64GB以外のモデルの場合
256GB512GB
XS+760+1800
XS Max+760+1800
通話オプション
5分カケホ+540
カケホ+1620

すでにソフトバンクを利用している人の場合、通信量が20GBまでなら旧プラン(スマ放題ライト or ホワイトプラン)のまま機種変更をしたほうが維持費は安くなります。(2019年1月31日までの受付に限る)

XS 旧プラン(スマ放題ライト)のまま機種変更
5GB20GB50GB
基本料183618361836
ネット接続料324324324
データプラン540064807560
機種代金(24分割)570057005700
機種代相当の割引▲3050▲3050▲3050
合計102101129012370
XS Max 旧プラン(スマ放題ライト)のまま機種変更
5GB20GB50GB
基本料183618361836
ネット接続料324324324
データプラン540064807560
機種代金(24分割)624062406240
機種代相当の割引▲3050▲3050▲3050
合計107501183012910

50GBプランも新プランより若干安いですが、旧プランではYoutubeやインスタなどの通信量無制限がつかないので、50GBプランを利用するなら新プランのほうがいいでしょう。

以下、キャリアごとの特徴をざっくり解説します。

Docomo

ドコモのロゴ

DAZN(ダ・ゾーン)が安く利用できる

DAZN(ダ・ゾーン)はスポーツに特化した動画ストリーミングサービスで、Jリーグやドイツ ブンデスリーガ、MLB、広島カープやベイスターズの一部試合などをリアルタイムで見ることができます。

会費は毎月1750円ですが、ドコモユーザーは980円で利用することができます。DAZNを利用する人はドコモに乗り換えるだけで年間1万円ほど節約が可能。

特にJリーグはスカパーとの契約が終了してDAZN以外で見られない試合が増えたので、Jリーグのサポーターはドコモを検討するといいでしょう。

僻地に強い

LTEに関してはauやsoftbankに遅れをとっているエリアもありますが、山や島など3Gしか届かないエリアの電波はドコモが圧倒的に強いです。キャンプ、登山、釣りなどアウトドア趣味の人はやはりドコモを持っていると安心です。

テザリングが無料

auとソフトバンクでは、ライトユーザー向けの通信量の少ない旧プランを除くとテザリングが500円の有料オプションになりました。

ドコモは現在でもテザリングが無料です。

dカードでポイントが貯まる

ドコモユーザーはドコモが発行しているクレジットカード「dカード(旧DCMX)」を所有しているだけで携帯料金やドコモ光に1%のポイントがつきます(携帯料金の支払いではポイントは付かないので注意)。さらに支払いを別のクレジットカードにすると、ドコモ関連の料金のポイントを二重取りできます。

溜まったポイントはそのまま携帯料金に充当できるため無駄がありません。年に1回の利用で年会費も無料ですし、カード発行時にはキャッシュバックもあります。

普通に使っても還元率1%のお得なカードなので持っていて損はないでしょう。Apple Payにも対応。

オンラインショップだとすべての手数料が無料に!

ドコモでは、2018年9月1日より公式のオンラインショップで手続きを行えば機種変更、新規契約、MNPすべての手数料(2000円〜3000円ほど)が無料になりました。

さらに2018年11月30日までに指定された機種を購入するだけで機種代金が5184円割引されるキャンペーンが実施中!(最新のiPhoneもすべてのモデルが対象)

オンラインショップの場合、冒頭で紹介した頭金と呼ばれている店頭契約独自の上乗せ料金も不要のため、ドコモを契約するならオンラインショップを利用しないと10000円近く損することになります。

au

auのロゴ

3GB、5GB、7GBの定額プランがある

ドコモ、ソフトバンクでは、ライトユーザー向けの通信量が少ないプランは使った分だけ課金される従量制のデータパックのみに移行しており新規契約ができなくなりました。

auは3GB、5GB、7GBと少量のデータ定額プランがまだ利用できるので、通信量の超過が心配な人は検討する価値があります。

NETFLIXプラン

auには基本料金に動画ストリーミングサービス「NETFLIX」、「ビデオパス」の会費も含まれたNETFLIXプランがあり、個別にサービスを契約するより若干オトクにこれらを利用できます。

月間の通信量は25GB、3日で6GBまでの制限があります。

NETFLIXプランの維持費(64GBモデル)
XSXS Max
基本料10581058
ネット接続料324324
データプラン50975097
NF / ビデオパス10801080
機種代金(24分割)53606120
機種代相当の割引
合計1291913679
1年目の月額1073811498

ただしNETFLIXは一番安いベーシックプラン契約になるのでSD画質になります。HD画質で見られるプランに変更する場合は毎月の追加料金が必要です。

NETFLIXのプランをアップグレード
スタンダード+432
プレミアム+1080

auのiPhoneは3G回線が使えない

auは2017年以降に発売されたモデルのiPhoneに3G回線を提供しないことを発表しています(iPhoneの対応バンド自体にはauの3Gも含まれている)。

とはいえ、近年発売されたauのandroid機ではすでに3Gが利用できなくなっているものも多く、またau系の格安simでも3Gは利用できないためさほど心配はいらないでしょう。

ただし、現在auを利用していて、生活エリア内でアンテナ表示が3Gに切り替わる場面がある人はドコモやソフトバンクへの乗り換えを検討したほうがいいです。

softbank

softbankのロゴ

アメリカ放題

ソフトバンクでiPhone6以降のモデルを使っている人は、簡単な設定を行えばアメリカ本土及びハワイでsimを差し替えずに日本とほぼ同じ感覚で利用できます(グアムやサイパン、アラスカは対象外です)。

日米を行き来するグローバルなビジネスマン、アメリカに短期留学、旅行する予定のある人、または毎年の年末年始はハワイで、という芸能人のような生活をしている人には重宝するでしょう。

Tポイントが使える

普及率の高いTポイントを通信料、端末代金に充当できます。

1ポイント1円なのでポイントの使い道に最適です。

Yahoo!ショッピングのポイントが常に10倍

ソフトバンクユーザーは「スマートログイン」という簡単な設定を行えばYahoo!ショッピング、LOHACOでの買い物に常に10倍のポイントがつきます

もとのポイントは1%なので10倍になると常に10%還元、つまり1万円の商品が実質9000円で購入できることになります。

ボーナス分にあたる9%のポイントは1ヶ月間の有効期間があるのですが、Yahoo!ショッピングやLOHACOでは食べ物や飲み物などの日用品も購入できるため、ポイントの使いみちに困ることはありません。

ウルトラギガモンスター+がすごい

ソフトバンクは2018年9月6日よりウルトラギガモンスター+(50GB)というプランを追加しました。

このプランはYoutube、インスタグラムなど一部のサービスでは通信量がカウントされないのでWIFIがない場所でも好きなだけ動画を視聴することが可能。

64GBモデルの維持費
XSXS Max
基本料12961296
ネット接続料324324
データプラン64586458
機種代金57006240
機種代相当の割引
合計1377814318
最初の1年間の月額1269813238

一人暮らしで家にWIFIがない人などは、一旦このプランを試してみてから光回線を契約するかどうかを判断してみるといいかもしれません。

WIFIが使える場所が多い

日本でもフリーWIFIが使える場所が増えてきたものの、ビジネスホテルなどではソフトバンクのWIFIしか使えない、という所が結構あります。

出張や旅行でビジホに泊まることが多い人は、softbankのスマホを持っていればwifiが使える可能性が高くなります。

まとめ

電波に関しては生活エリアなどによってかなり差があるので今回の比較では除外しておきました。

ブラウザ、SNS、動画再生、スマホゲームといった日常的な利用であれば、10Mbpsでも100Mbpsでも体感の差はほとんど感じられないので、3大キャリアではあまり速さの数字にこだわる必要はないと思います。

紹介したとおり、新型iPhoneは発売からしばらく経過するまで大幅なキャッシュバックキャンペーンなどはほぼ行われないので、ネット上の手続きに抵抗がないのであればオンラインショップで購入すると時間、費用の両面でオトクです。

シェアする