【iPad】GoodNotes 5で出来ることを詳しく解説。Notes 4との違いもチェック!

GoodNotes 5のアイコンです

GoodNotes 4はiPadのノートアプリとして不動の地位を築いていましたが、昨今別のノートアプリも次々とアップデートを重ね、以前ほどの優位性が失われつつありました。

そんな中、2019年に入り大幅なアップデート版となる「GoodNotes 5」がリリース

この記事ではそんなGoodNotes 5の機能について詳しく解説します。

GoodNotes 5は4とは別アプリとしてアップデートされましたが、Notes 4をすでに購入している人はNotes 4のアプリ内からNotes 5も無料でダウンロードができます

ファイルのワンタップ移行機能(ただし 4→5 の一方通行)も完備。

GoodNotes 5でできること

手書きのバリエーション

色は3種類をツールバーに常駐させることができ、さらに16進数のカラーコードで入力した好みの色をプリセットとして保存可能。

GoodNotes 5の手書きペンについての解説です

Notes 4に比べてペンがバリエーション豊かになり、また選択も楽になりました。

手書き文字のOCR認識による検索

GoodNotes 5では手書き文字が検索対象になります。

GoodNotes 5の手書き検索機能

これは手書き文字のOCR認識により実現しているので、GoodNotes 5で入力した手書き文字は他の汎用PDFアプリでも検索が可能

設定を行うことで、日本語、英語だけでなく、他の言語も手書き認識対象にできます。

GoodNotes 5 外国語を手書き認識

文字認識の精度は想像以上に高いですが、文字同士の間隔、とめはねなどにより認識されないこともあるので過信は禁物。

特に「ちょうちょ」のような「小さいかな文字」を含む文字列などは認識がシビアな印象。

絶対に検索対象としたい文字列については、テキスト入力でタグ代わりに打ち込んでおくのを推奨します。

その他の入力ツール

GoodNotes 5の入力ツールの紹介です

投げ縄は「複数の違う要素」を同時に囲んで移動、サイズ変更などを行うことも可能。Notes 4ではできなかった「要素の角度調整、回転」もできます

画像はSplit View、Slide Overからのドラッグ & ドロップでの挿入、あるいはカメラ撮影もOK。

ノートのファイルサイズを考えると、画像を挿入する前に、リサイズや圧縮によってサイズを落としておいたほうがいいでしょう。

また常に画面右上に表示されている「一つ戻る」、「一つ進む」ボタンによる微修正も便利な機能です。

PDFリーダーとしての機能

GoodNotes 5をPDFリーダーとして使う

OCR処理された文字をマーカーでなぞると自動で手書きの歪みを補正してくれます。

ハイライトや取り消し線は色が変更できない上、長押しの文字選択にひと手間必要なため手書きマーカーをハイライト代わりに利用するといいでしょう。

文字列の辞書検索(国語、英語だけでなく他言語の辞書も任意でダウンロード可)もできます。

さらにアップデートにより全ファイルの内容を対象とした横断検索機能がついたので、ノートアプリとしてだけでなくPDFリーダーとしても強力になりました。

GoodNotes 5で全ファイルの横断検索

ページブックマーク機能もありますが、これはアプリ内でしか利用できません

縦書きの文字選択と縦スクロール

GoodNotes 5では、なんとOCR処理された縦書き文字の検索や辞書検索が可能になりました。

縦書き文字の検索に対応したGoodnotes 5

ページ送りも縦スクロールが追加されたので、縦書き文書のマークアップにも使えます。

ただし、「縦の手書き」は文字選択、検索ともに不可なので注意が必要です。

階層フォルダによるファイル管理

GoodNotes 5では、馴染みのあるフォルダを使ったファイル管理ができます。もちろんフォルダの中にフォルダを作ることも可能!

GoodNotes 5のフォルダ管理機能

「長押し → ドラッグ」でファイルの移動、さらに他のアプリからPDFファイルの取り込みも直感的にできます。

またノートをお気に入りに追加すると、お気に入りだけを表示するタブからすばやくアクセスが可能になりました。

GoodNotes 4とあわせてSplit Viewによる画面分割表示

今回のGoodNotes 5は、従来の「GoodNotes 4」から別アプリとしてリリースされました(Notes 4を購入している人はNotes 5も無料DL可)。

これにより、iPadのSplit View機能を使うとほぼ同じ中身のアプリを画面分割で使用できます。

Split viewでGoodNotes 4、GoodNotes 5を分割

豊富なノートテンプレート

GoodNotes 5では、デフォルトで様々な形式のノートを作成できます。

GoodNotes 5の豊富なテンプレート

罫線、方眼、ドットなどはもちろん、簡易カレンダーや音楽の五線譜、ギターのタブ譜なども選択可能。

一つのノート内で異なるテンプレートを組み合わせて使うこともできます。

GoodNotes 5ではできないこと

GoodNotes 4との違い

GoodNotes 5はアップデート版としてリリースされたばかりのこともあり、2019年1月現在、GoodNotes 4より不便になった点がいくつかあります

おそらく今後改善されていくと思われるので、GoodNotes 4からの移行はしばらく様子を見たほうがいいかもしれません。

PDFの目次(アウトライン)からジャンプできない → アップデートされましたが全然ダメです

PDFファイルに埋め込まれた目次がGoodNotes 5では表示されません。

GoodNotes 4と5で目次表示を比較

クラウドドライブへの自動バックアップができない

GoodNotes 5では、なぜかクラウドドライブへの自動バックアップ機能が利用できません(手動ならできる)。

GoodNotes のクラウドドライブへのバックアップ機能

iCloudのみ自動バックアップに対応していますが、これはどちらかというとアプリの設定と中身をまるまる保存し復元できるようにする、といった機能なので少々使いづらいです。

バックアップ形式が選択できない

Notes 4ではバックアップ形式を「PDF」に変更することができました。

これによりクラウドドライブに保存してあるバックアップファイルを他のPDFアプリでもそのまま参照できたのですが、GoodNotes 5は独自形式でのバックアップのみとなっています。

上記のPDFの目次(アウトライン)が表示されない問題も、おそらくGoodNotes 5に書類を取り込んだ段階でPDFから独自ファイルに変換されてしまっているからではないかと推測します。

実際に、GoodNotes 5に取り込んだ「目次付きのPDF」を再びPDFとして書き出し他のアプリで開くと、目次が綺麗サッパリ消えてしまっています※

ノートアプリとしてはよくても、すでに何らかの編集を加えてある既存のPDFファイルを扱うには怖くて無理、というのが正直なところ。

ここに挙げたNotes 4との違いについては早急に改善してもらいたいところです。

GoodNotes 5と4の主要な変更点 まとめ

上記の通り、GoodNotes 4を購入すればNotes 5も無料でダウンロードできる(2019年1月現在)ので、これからアプリを購入するのであればまずGoodNotes 4を手に入れるようにしましょう。

シェアする