ららぽーと湘南平塚へ行った!混雑,駐車場,行列のまとめ

ららぽーと湘南平塚の北口

2016年10月6日にグランドオープンした「ららぽーと湘南平塚」に早速行ってたのでレポート。神奈川県内では横浜、川崎(ラゾーナ)、海老名に続き4店舗目の三井系巨大ショッピングモールになります。

ららぽーと湘南平塚のアクセス

電車のアクセス

JR平塚駅北口からバス

ららぽーと湘南平塚の最寄駅はJR平塚駅ですが、駅からは少し距離があるためバスが出ています。平塚駅北口の5番バス乗り場で「11系統ららぽーと湘南平塚循環」に乗るとららぽーとまで行くことができます。料金は180円(ICカード利用で175円)になります。

オープン初日ということもありバスは行列+すし詰め状態。バスに乗っている時間は短いですが、かなり大変そうな印象です。3〜5人で行くならタクシーを使うのもアリかも。

平塚駅 ららぽーと行きバスの混雑

JR平塚駅から徒歩

東海道線 JR平塚駅から歩くと10〜15分ほどかかります。北口を出て大通りをまっすぐに進んでいきます。途中、歩道橋で右斜めへ渡ります。

国道沿いの歩道橋

平塚市役所前の交差点で右へ曲がると、左手側にららぽーとの建物が見えます。

平塚市役所前

ららぽーと南口

車のアクセス

車の場合、周辺には西湘バイパスや圏央道が通っているためアクセスは良好です。西湘バイパス 二宮IC、小田原厚木道路 平塚IC、圏央道 茅ヶ崎中央IC(または茅ヶ崎海岸IC)など、ICも多数あります。

ららぽーとは平塚市役所のすぐ東側にあるため、ららぽーとがカーナビに表示されない場合は平塚市役所を目指すといいでしょう。

ららぽーと湘南平塚の駐車場

ららぽーと駐車場入り口

ららぽーと湘南平塚には、建物の北、東、西の3か所に立体駐車場があります。いずれも入り口はららぽーとの北側にあり、右折入庫は禁止されています。国道129側からアプローチすると東、または西側、市役所側からアプローチすると北側の駐車場に入庫することになります。

駐車場は24時間出入り自由になっているので、混雑を避けるなら10時の開店直前を狙うのがおすすめ。高さ制限は2.3mになります。

どの駐車場でも屋上以外の場所を確保できれば、傘がなくても雨に濡れずにららぽーとへ入れます。周辺も道は広く、どの方面から来ても駐車場に入れるため分かりやすい作りだと思います。

ららぽーと湘南平塚駐車場

東、西の駐車場は全ての階で連絡通路があるのに対し、北側の駐車場は4階にしか連絡通路がありません。できる限り東か西の駐車場を利用するのがおすすめ。

ららぽーと連絡通路

ただし、ペット同伴の場合は北側のパーキングを利用する必要があります。キャリーケースやペット用のカートを持参した上で、ペット同伴専用の窓口(北側駐車場1階)から入場します。

ペット同伴は北駐車場へ

駐車場までの詳細ルートやリアルタイムでの空車状況は公式↓にあるのでぜひ活用してください。

事前精算機

駐車場とららぽーとを行き来する通路には事前精算機もあります。

買い物とカードを組み合わせれば最大5時間無料になります。周辺には目立ったコインパーキングもないため、買い物せずに長時間駐車することは難しいでしょう。

臨時駐車場

オープンからしばらくの間は臨時駐車場があります。臨時駐車場の場所は、国道129をららぽーとより少し北側へ行った辺りにあります。こちらは駐車料金が無料になります。

最初から臨時駐車場狙いでいくのであれば、国道129をららぽーとに向かって南下するように走ると分かりやすいです。臨時駐車場への曲がり角ではスタッフによる誘導があるため迷うことはありません。

自転車、バイクでのアクセス

自転車置き場はららぽーとの北側と南側にあります。近くまで行けばすぐにわかります。

ららぽーと駐輪場

バイク置き場は西側の駐車場入り口付近にあります。自転車、バイク共に駐輪料金は無料です。海沿いのツーリングロードが近いことも考えると、バイクのアクセスが一番お得かもしれませんね。

ららぽーと湘南平塚のバイク置き場

ららぽーと湘南平塚のフロアチェック

ららぽーと湘南平塚は3階建てで横長の広い建物のため、ある程度フロアごとの特徴をチェックしてから訪れた方が無駄な移動時間を減らせます。

1階

1階はレストラン街、スーパーやアウトドアファッションがメインの階です。

アウトドア系はモンベル、スノーピーク、コロンビアなど有名ブランドがずらり。スポーツウェアもこの階です。

スポーツ洋品店

東急ハンズもあります。

東急ハンズ

湘南エリアのスーパーといえばイトーヨーカドー。

イトーヨーカドー

鮮魚や牛肉売り場もあり、地元人の日常生活にも役立ちそうです。

鈴木水産

肉屋さん

この階の飲食店はフードコートではなく個別の店舗が中心。スタバも1階にあります。

1階レストラン街

テナントとしては初出店の日産ディーラーもあります。

ららぽーと内の日産ディーラー

店舗の周りはオープンテラスになっているので、晴れた日は外で食事をするのもよさそう。

オープンテラス

2階

2階は女性向けファッションのブランドが多いです。ユニクロ、無印など有名なファッションチェーンも2階にあります。

Apple製品の正規ディーラーである「C smart 」も2階に出店。

c smart

3階

子供服売り場

3階はベビー用品、子供服など小さいお子さん連れ向けの店舗が中心。プロジェクションマッピングで有名な「チームラボ」のエンタメ施設もあります。

team laboのエンタメ施設

他にも、島村楽器、ドコモショップ、旅行代理店など専門的なショップも3階に集まっています。ラウンド1もあり、地元の人の遊び場としてもよさそう。

ラウンド1

フードコートは3階にあります。

フードコートではららぽーとのフリーWIFIが使えます。個別に登録するより、無料WIFIアプリを使った方が簡単に接続できます。

屋上

屋上は駐車場とフットサル場になります。

ららぽーと屋上のフットサル場

ららぽーと湘南平塚の行列チェック

行列ができていた店舗をいつくか紹介します。まずレストラン街の中華料理屋「招福門」。お昼時の飲食店はどこも並んでいたのですが、ここは開店直後から人が集まっていました。

招福門

続いてアメリカのハンバーガーチェーン「カールスジュニア」。秋葉原に続いて日本で2店舗目の出店となっています。

カールスジュニア

今日一番の行列だったのが、RODEO CROWNS WIDE BOWL(ロデオクラウンズワイドボウル)。レジ待ちの女の子の行列がすごいことになっていました。

ロデオクラウンズ

ロデオクラウンズの行列

ららぽーとはお子さん連れのファミリーにぴったり

ららぽーとはファミリー向けの施設づくりを徹底しており、ベビーカー(100円返却式、駐車場とららぽーと建物の間にある)、授乳室なども完備。女性トイレはベビーカーと一緒に入れる広い個室もあるようなので、小さいお子さん連れの女性一人でも安心です。

コイン式のベビーカー

ららぽーと湘南平塚の混雑は?

ららぽーとの広い通路

この日はオープン初日ということでかなりの人出でした。駅からは遠く電車でのアクセスは悪いのですが、車のアクセスが良好のため駐車場も昼過ぎには満車になっていました。

上述の通り高速のICや国道1号、海沿いのドライブロードからも近く、またららぽーと湘南平塚が面している国道129は交通量の多い幹線道路のため、しばらくの間は車の混雑がとんでもないことになること必至。休日は早めの到着を心がけるか、電車を利用した方が賢明でしょう。

追記:オープンから最初の3連休(10/8,9,10)は、10/8,9は11時から夜まで駐車場は満車状態が続き、3時間待ちという表示がいたる所で見られたものの、10日は早くも駐車場に余裕がでていました。平日は車で行っても大丈夫かもしれません。

ちなみに店舗内は道幅が広くとってあるので、混雑していても歩くのが困難なほどではありません。電車で行く人はそこまで心配はいらないと思いますが、食事時に飲食店を利用するのはなかなか大変かもしれません。

当日の混雑はYahoo!リアルタイム検索で調べよう

Yahoo!リアルタイム検索で「ららぽーと 平塚」と検索すれば、直近の関連ツイートをチェックできます。現地の情報はTwitterが一番早いのでぜひ活用しましょう。リアルタイム検索はツイッターのアカウントがなくても利用できますよ。

まとめ

ららぽーと湘南平塚の吹き抜け

車以外でのアクセスは少々悪いものの、かなり広く店舗のバリエーションも豊富なので足を運んでみる価値はあると思います。湘南の海や富士山の景色を楽しむついでに寄ってみるのもありかも。

シェアする

フォローする