大切な人の記念日はスマホアプリ Dreamdays に記録しよう!

dreamdaysのアイコン

記念日までの日数をカウントダウンしたり、過去の日付から何日経過したかをカウントアップできるスマホアプリ「Dreamdays」を紹介します。このアプリを使えば家族、友達、恋人の誕生日をまとめて管理したり、ペットが家に来てから何日、子供が生まれてから何日、といった大切な日を忘れずに祝うことができます。

もちろんセンター試験、司法試験まで何日、といったように記念日以外のイベントを記録することもできます。iOS、android双方に対応しています。

Dreamdaysの使い方

カウントダウン

Dreamdaysの使い方はシンプルです。右上の+ボタンから新しいイベントを作成します。未来の日付を入力するとカウントダウン表示になります

dreamdaysトップ画面

dreamdaysにイベントを追加

カテゴリはデフォルトのものから選ぶか、または自分で新しく作ることもできます。

イベントのカテゴリを設定

繰り返しを設定しておけば誕生日や記念日を毎年入力し直す必要がありません。

イベントの繰り返し

背景画像を設定すれば見栄えが良くなります。画像セットは120円で有料(またはアプリストアで5評価をつければダウンロード可)なので、わざわざダウンロードせずに自分で撮った写真を使うのがいいでしょう。

背景画像を設定

「カバーとして設定」をオンにすれば、アプリのトップページにイベントを表示できます。

カバーに設定

ドラえもんの誕生日までカウントダウン

このアプリでは記念日にボイスメモも追加できます。子供の声やペットの鳴き声などを録音しておくと愛着が湧きますね。

音声を追加

カウントアップ

イベント作成で過去の日付を入力すると、経過日数をカウントアップできます

カウントアップを設定

トップページではカウントダウンが青文字、カウントアップが赤文字で表示されます。

トップページの設定

生まれてから10000日( 27歳)、20000日(54歳)といった記念日を伝えると誕生日以上に喜ばれるので、家族や親友など親しい間柄の人の記念日をぜひ忘れずに祝ってあげましょう。

カウントダウン、カウントアップの日数をタップすると、表示を年、月換算で表示することもできます。

基本設定

画面左上のメニューから基本設定ができます。

アプリの基本設定

誕生日などは個人情報なので、アプリにはパスコードロックをかけておくのがオススメです。端末のパスコードとは別のものを設定しておくだけで二重のロックがかかるので、できれば新しいパスコードを設定しましょう。

iCloudを通じてiPadとデータを共有することもできますし、またバックアップをとることで機種変更時もスムーズにデータを移行できます。

有料版と無料版の違い

無料版のDreamdaysでは広告が表示され、またイベントは3つまでしか登録することができません。無料版で使い勝手を確かめてから有料版(120円)を購入するかどうか決めればいいでしょう。

まとめ

Dreamdaysはカウントダウン、カウントアップを行うアプリとしては一番使いやすいと思います。誕生日の繰り返しなどはカレンダーアプリでも行うことができますが、このアプリでは画像やボイスを設定することができるので愛着が湧きます。

自分好みにカスタマイズして使ってみてください。

シェアする

フォローする