PDF Expert 5の日本語マニュアル

pdf expert 5のアイコン

PDF Expert 5の使い方をまとめました。全ての機能を網羅しているわけではありませんが、自炊PDFの読書に関しては以下の操作だけ覚えれば十分のはずです。

この記事ではiPadのスクリーンショットで解説していますので、画面の小さなiPhoneでは表示が異なります。またスペースの関係上横画面にしていますが、PDF Expert 5では見開き表示ができないため、実際に利用する際は縦画面にしてください。

PDF Expert 5でファイルに加えた変更は自動で保存されます。万一のため、オリジナルのPDFファイルは別に保存しておくことをおすすめします。

PDFファイルをPDF Expert 5に取り込む

iTunesから取り込む

iTunesにiPad(iPhone)を接続し、Appの項目からPDF Expert 5を選択します。追加を選択してPDFファイル、またはPDFファイルを含むフォルダを選びます。最後に同期をして完了です。追加したファイルは書類の中にある「itunesのファイル」の中に保存されます。

itunesからpdfを追加

itunesから追加されたファイル

クラウドドライブからダウンロード

ネットワークの項目を開き、アカウントを追加を選択します。追加したいストレージを選び、パスワードを入力して認証を済ませます。

クラウドドライブと連携

フォルダの中から保存したいファイルを選び、ダウンロードを選択します。デフォルトでは、ダウンロードしたファイルは書類の中に保存されます。

クラウドドライブからダウンロード

相互同期

ネットワーク上にあるフォルダをダウンロードし相互同期することで、PDF Expert 5で加えた変更をクラウド上で常に最新に保つことができます。iPadとiPhoneを同期する際にはこの機能を使います。モバイル回線での同期を許可するかどうかの設定(後述)も忘れずにしておきましょう。

クラウドと相互同期

相互同期を解除するには、編集モード(後述)で同期しているフォルダを長押しします。ここでフォルダを削除してもクラウドにあるフォルダは削除されないので安心です。

同期を解除

ダウンロード、アップロードの進捗状況は、ネットワークの項目から確認できます。バックグランドでのダウンロードには対応していません。アプリを閉じるとダウンロードが止まってしまうので注意が必要です。

ダウンロードの進捗状況

端末に保存せずに開く

「開く」の項目からファイルを選択することで、ファイルを端末に保存せずにネットワーク上で参照できます。この状態でファイルに加えた変更も保存されます。

ネットワーク上だけでなく、親アプリであるDocuments 5に保存されているファイルもここから参照することができます。

保存せずにネットワーク上でファイルを見る

ファイルを整理する

右上の編集を選択すると、新しいフォルダやPDFファイルの作成、ファイルの移動ができます。カラータグ、お気に入り登録もここから行います。

編集モード

ファイルを長押ししてからドラッグすることで、より直感的にファイルの移動をすることもできます。

ドラッグでファイルを移動

画面を下に引っ張ると、ファイル、フォルダの並び替え、表示方法の変更ができます。サムネイル一覧表示にすると本棚っぽくなります。

フォルダの並び方を変更

サムネイル表示

複数のPDFファイルを結合

編集モードにしてから複数のPDFファイルを選択し、左のメニューで「統合」を選択するとPDFファイルを1つにまとめることができます。統合しても結合前のオリジナルは残ります。後はページの入れ替え機能(下記の新しいページを追加、の項目を参照)で好きな順序に並べ変えればOKです。

メニューを表示

画面をタップすることで、メニューの表示、非表示を切り替えます。

タップでメニューを表示

PDFファイルにブックマークを挿入する

ブックマークを挿入したいページを表示して、右上の本のアイコンからブックマークを挿入できます。PDF Expert 5で追加したブックマークは他のアプリでは目次として表示されます

ブックマークを追加

デフォルトではページ数が表示されますが、右上の編集を選択すると、名前を変更したり、ブックマークを並び替えたりすることもできます。

ブックマークを編集

スクロールの向きを変更

中心のアイコンを選択し、垂直スクロールを選択するとページめくりを縦方向にすることができます。このアプリでは本の右開きはできないのですが、垂直スクロールにすることで縦書きの本を読むことは可能です。

垂直スクロールに変更

クロップモードは余白をカットする機能です。

PDFにアノテーションを加える

ペンのアイコンを選択すると、編集モードになります。

手書きモードを呼び出し

テキストを挿入

挿入したい場所をタップしてテキストを打ち込みます。

テキストを挿入

挿入したあとからフォントやフォントサイズを変更することも可能です。

テキストを編集

図形を挿入

直線、四角、円、矢印を挿入します。色、透明度、線の太さを指定できます。挿入したあとから変更を加える事もできます。

図形を挿入

図形の設定

ハイライト、下線、取り消し線

挿入したいアノテーションの種類を選択し、文章をドラッグします。

アノテーションを追加

アノテーションを付けた部分を選択すると色を変更できます。

ハイライトの色を変更

メモ

メモを挿入します。

メモを追加

スタンプ

スタンプを挿入します。大きさはあとから変更できます。カスタムを選択すると、自分で画像を用意してスタンプを作成することも可能です。

スタンプを追加

署名

署名を作成し保存します。

署名を作成

署名を挿入したい場所を長押しして署名を選択します。

署名を挿入

先に文字を選択する

先に文字をドラッグしてからハイライトや下線などを追加することもできます。

文字を選択してからアノテーションを追加

ドラッグせずに一箇所を長押しすると署名やスタンプが挿入できます。

長押しでメニュー呼び出し

ツールバーを移動

ツールバーを右、左、上の好きなところに配置できます。上に配置するとブックマークや検索のアイコンが隠れてしまうため、右か左に配置することを勧めます。
矢印ボタンを押すと、直前の動作を取り消すことができます。

ツールバーの移動

PDFに手書きで注釈を加える

ツールバーからアイコンを選択すると手書きモードになります。

手書きモードへ移行

ペンの設定をする

PDF Expert 5では4本のペンの設定を保存しておくことができます。上の2本が太ペン、下の2本が細ペンになります。太ペンは太さが1pt〜18pt(1pt刻み)、細ペンは0.5pt〜3pt(0.5pt刻み)です。よって太ペンは細ペンとしても使うことが可能です。

ペンの設定

手書きモードを一時停止

手書きモードのまま画面に触れるとペンの色がついてしまいます。しかしツールバーの手のボタンを選択している間は、手書きモードがキャンセルされ、ページめくりをしたり、文字をドラッグしてハイライトをつけたりできます。

手書きをキャンセル

PDFに注釈を加えながら読書をする場合、常に手書きモードにしておき、ページめくりをするときやハイライトをつけるときだけこのボタンを使ってキャンセルするといいでしょう。

新しいページを追加

サムネイル表示画面から新しいページを追加できます。ドラッグすることでページの順番を入れ替えることも可能です。

サムネイルを表示

新しいページを追加

ページジャンプ機能

ブックマーク(目次)からジャンプ

ブックマークを挿入したページにジャンプします。

ブックマークからジャンプ

アノテーションを加えたページにジャンプ

注釈を加えたページにジャンプします。

アノテーションを加えたページにジャンプ

サムネイル表示からジャンプ

サムネイル表示画面から飛びたいページを選択するとジャンプできます。

サムネイルからジャンプ

スライダーからジャンプ

見づらいですが、ページ下部にスライダーが表示されます。これをドラッグすると、本をパラパラめくる間隔でページジャンプができます。

スライダーからジャンプ

検索からジャンプ

右上の虫眼鏡アイコンから文章内検索ができます。自炊PDFファイルの場合はOCR処理されていることが前提です。またPDF Expert 5では縦書きの文字は認識されないため注意が必要です。

検索結果をタップすることでその単語をふくむページにジャンプできます。

文章を検索

辞書検索

文字をドラッグして定義を選択すると辞書で検索できます。

辞書検索

辞書検索の結果

左下の管理を選択すると、様々な言語の辞書をダウンロードすることができます。

辞書を追加

基本の設定

パームガード

左上の歯車アイコンから設定画面を呼び出し、「手首を無視」の項目から利き手に合わせて選択します。

謝タップを防止

パスコードロック

セキュリティの項目から、アプリにパスコードロックをかけるかどうかを選択できます。

パスコードロック

Wi-fi環境でのみ同期

同期の項目で、モバイル回線での同期を許可するかどうかを選択できます。

wifi環境でのみ同期

シェアする

フォローする