【2020学割】子どもに持たせるスマホのキャリアはドコモかauがおすすめ!

ジェットブラックのiphone7とmacbook

2020年、新しく子どもに使わせるスマホ用におすすめのキャリアやプランについて詳しく紹介します。

3キャリアの中ではドコモかauの二択となり、ソフトバンクは子ども用としては厳しいというのが結論となります。

2020年 子ども向けスマホプランの選び方

従量制と定額制

2020年現在、ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアでは

の2種類があります。

各キャリアの従量制プラン(使った分だけ課金)の料金は以下の通り。

ドコモ:ギガライト
〜1GB〜3GB〜5GB〜7GB
通信料金2980398049805980
au:ピタットプランN
〜1GB〜4GB〜7GB
通信料金298044805980
ソフトバンク:データプランミニ
〜1GB〜2GB〜5GB〜50GB
データ通信量3980598074808480

ドコモとauは上限が7GBなのに対し、ソフトバンクは50GBとなっています。

今どきの子どもが自分で通信量をコントロールすることはまず不可能なので、使った分だけ課金されるプランを子どもに利用させると月々の通信料金は間違いなく上限額に張り付きます。

ソフトバンクはもう一つ50GBの定額プラン(7480円)しかないため、この時点で多くの家庭では子ども用のスマホとしては選択肢から外れると思います。

auは「7GBの定額プラン」がある

オレンジの背景に白い文字でauと書いてあります

子ども用のスマホとして第一に検討するべきはauです。

auは他に7GBの定額プランである「フラットプラン7N」があり、こちらは上記のピタットプランNで7GBまで利用した場合(5980円)より月額が安くなっています。

au:フラットプラン
7GB20GB
通信料金54806000

またフラットプランNはツイッターやインスタグラムの通信量がノーカウントとなるので、それらを活用している今どきの学生は実質7GB以上の通信量を消費できます。

約500円足すと20GBの定額プラン「フラットプラン20N」が利用できるのでコスパは悪いのですが、子どもにスマホでネットばかり見てほしくないという家庭であればあえて7GBの方を選ぶ利点はあるでしょう。

今auでiPhoneを購入するなら学割を使わない方が安い場合も

フラットプラン7Nで契約した場合の学割総額は「500円 × 6ヶ月 = 3000円」、20Nの場合は「1020円 × 6ヶ月 = 6120円」となります。

しかし、au オンラインショップでは2020年2月1日より、新規とMNPのみiPhone 11が10000円引き、11 Pro、11 Pro Maxが5000円引き、iPhone XRと8は20000円引きになるキャンペーンが実施中!

auはオンラインでは学割の契約ができないのですが、これらの機種を契約するのであれば学割を選択するよりもオンラインショップで親名義の契約したほうが維持費の総額が安くなります。(20Nプラン + 11 Pro / Pro Maxの場合を除く)

au以外ならドコモ

ドコモのロゴ

ドコモの場合、上記のギガライト(7GBで5980円)に「1000円 × 12ヶ月 = 12000円」の学割がつくので、機種代以外の維持費ではauの7GBプランより安くなります。

またドコモは3キャリアで唯一オンラインショップで契約すると手数料(2000 〜 3000円)が完全無料、かつ親名義で契約した後に「利用者登録」で学割対象の子どもを追加すればオンラインでも学割の契約が可能なので、ぜひオンラインショップを活用しましょう。

シェアする