弱小ブログでアフィリエイトの審査にかかった時間と審査結果

邪な考えを持つブログ開設者を最初に待ち受けるのがアフィリエイトの審査。Google先生に聞いてみても、審査に落ちた、という報告がちらほら見受けられ、恐怖している人も多いのでは。

この度、ブログを解説して1ヶ月経過したこともあり、著名なアフィリエイトの審査に挑んでみたのでその顛末を綴りたいと思います。

申請時のブログの状況

Amazonアソシエイト

amazonアソシエイトの審査結果

審査通過!

申請してわずか2〜3時間後にあっさり承認されました。申請に使ったアカウントは普段利用しているものです。

Pon de linkを使うと、芸能人など著作権的にブログ画像には使えないイメージでも商品紹介という形で挿入できるので、書き手によっては記事のネタが増えるかもしれません。

Google AdSense

アドセンスの審査結果

審査通過!

アドセンスは、Amazon以上に落ちたという報告が目についたので心配していたのですが、あっさり承認。1次審査は申請して即通過、2次審査の結果もわずか2日後に送られてきました。

アドセンスは規約が厳しいので、申請前にしっかりと理解しておきましょう。

追記:現在、アドセンスは独自ドメインを取得しないと申請できなくなっています。また審査についても厳しくなったという声がちらほら聞かれます。審査通過のためには小手先の対策ではなく、広告主がそのブログに広告を掲載したいと思うかどうか?、といった視点を大切にしましょう。

iTunesアフィリエイトプログラム(PHG)

itunesアフィリエイトの審査結果

審査通過!

今のところiPadアプリのことをよく記事にしているので、承認されて一安心です。

審査にかかった時間はわずか40分。今回申請したサービスの中で最短でした。ただ、審査結果の通知メールが迷惑メールに振り分けられていたのでしばらく気づきませんでした。申請した段階で自動返信メールがくるので、返信がない場合は迷惑メールのフォルダを覗いてみてください。

Apple Storeアフィリエイトプログラム(PHG)

apple storeのアフィリエイト審査結果

審査落ち!

iTunesは通りましたが、アップルストアはダメでした。審査期間は3日間でした。こちらのほうが厳しいという評判通りですね。アップルストアはAmazonなどの総合通販とは違い扱う商品の範囲が狭いので、いわゆるMac系ブログのようなApple信仰をアピールしないとダメなのかな。

審査が厳しいことに加え報酬率も低いためか、他のサイトでもあまりApple Storeのアフィリエイトを目にすることはないですね。あまり魅力的なサービスではないのかも(負け惜しみ)。

審査通過後も色々あるみたいです↓。

ASPの登録審査

同じ案件でもASPによって提携審査の有無が異なったり、成果報酬が2倍以上違ったりということはよくあるので、有名どころは一通り提携申請しておいた方が良いと思います。

A8.net

A8.netは一番有名なASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)です。登録に審査は必要ないので、ここに登録していないブロガーはいないでしょう。圧倒的な広告数をほこり、敏腕アフィリエイターからの信頼も厚い日本一のASPです。

A8.netでは、一つのサイトで提携承認された広告が他のサイトでも無審査で使えるため、複数のwebサイトを運営している人には非常に助かります。

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイト登録に審査がいらないので、すぐに申し込んでおくといいでしょう。

Amazonはもしもアフィリエイト経由で成果を発生させれば、手数料なしで現金振込してもらうことができます。最低振り込み金額も1000円からなので、Amazonのリンクを貼り始めてからすぐに報酬を受け取ることができるのもポイント。

またW報酬制度というシステムがあり、Amazon以外の成功報酬は10%上乗せして振り込んでもらえるので、売り上げが増えるほどお得です。

特にAmazon、楽天の物販アフィリエイトを利用する人は今すぐ登録しておきたいASPです。もしもアフィリエイトとカエレバというツールを組み合わせれば、簡単に↓のようなリンクが作成できます。

このリンクのスタイルシートはこちらの記事のものを利用させていただいています。

バリューコマース

バリューコマースの審査結果

審査通過!

バリューコマースは審査が厳しいと評判だったのでダメもとで突撃してみましたが、無事通過。審査期間もわずか1日のみでした。登録に審査があることもあってか、A8では提携審査が必要な広告も無審査で申請できたりします。

本の通販や旅行サイトの案件が充実しており、ヨメレバ、トマレバといったツールと相性がいいです。書評や旅行について綴ったブログを運営しているなら絶対登録しておくべきです。ヨメレバもしもアフィリエイト、バリューコマースを組み合わせればこういうリンク↓が簡単に作れます。

このリンクのスタイルシートはこちらの記事のものを利用させて頂いています。

バリューコマースの管理画面なんですが、PCブラウザのAdblockをオンにしていると広告が表示されず選択できません(MacのSafari)。

アフィリエイトB

アフィリエイトBの審査結果

審査通過!

アフィリエイトBは申請から1時間ほどで承認。アフィリエイトBはアフィリエイターからの満足度が高いASPとして有名で、管理画面が非常に使いやすいです。成果の承認、否認の確認や、どのページに貼った広告から成果が発生したか、といったことを簡単に調べることができます。報酬振込も777円からとハードルが低いため、アフィリエイトを始めた当初から振り込んでもらうことも可能。

ちなみにアフィリエイトBのウェブサイトもPCブラウザでAdblockをオンにすると表示が大変なことになります。

JANet

Janetの審査結果

審査通過!

Janetの審査期間は半日。最近リニューアルして使いやすくなりました。やや使い勝手は悪いものの、Janetでしか取り扱いがない案件が目立つので登録しておいて損はないASPです。

ASPの個別プログラムの審査

上で紹介したASPの審査に通過した後も、プログラムによっては個別の審査があります。誰でも参加できる即時提携プログラムもあれば、かなり審査の厳しいプログラムもあります。審査条件は開示されていないので独自研究になりますが、ASPの個別案件の審査についても書いておきます。

ASPの各プログラムの審査の要件は大きく分けて以下の4つ。

案件に関連した記事があるかどうか?

審査が必要なアフィリエイトの案件においては、まずサイト内に関連した記事が書いてあるかどうかが重要なポイントになります。例えば、旅行に関連するアフィリエイトの案件に応募するのに全く旅行に関連する記事がない場合、成果が見込めないと判断されて却下される可能性が高まります。

審査のあるアフィリエイト案件では、必ずその広告を載せる記事を書いてから提携申請することが大事です。また審査をする人はトップページから閲覧するはずなので、その案件を載せたい記事を書いてすぐに申請したほうが、広告主の目にとまりやすいのではないかと推測します。

サイト全体のジャンル

世の中に存在するブログの大半は、このブログのように様々なジャンルについて運営者が好きに書きなぐった雑多ブログに分類されると思います。しかし、アフィリエイトの案件によっては、ジャンルを絞った専門サイトでないと相手にしてもらえないこともあるようです。

こういったプログラムはもともと比較サイトやレビューサイトを作成しているアフィリエイターを対象としていて、雑多ブログはハナから相手にされていないので諦めるしかありません。

サイト運営者のアフィリエイトランク

上で紹介したASP、A8.netアフィリエイトBは売り上げに応じてランクが上がっていきます。広告主は提携審査をする際に申請者(サイト運営者)がどれくらいの成果をあげているかを参考にすることができるので、売り上げのない弱小サイト運営者だと判断されると提携審査を断られることもあります。

アフィリエイトは儲かっている人がさらに儲かる仕組みである、といわれる理由の一つと言えるでしょう。

サイトのPVについては運営者以外が正確に測定することは困難(そもそもGoogleアナリティクスの数字さえ正確ではない)なので、作りたてのペラッペラのサイトでなければそこまで神経質になることはないと思います。

特定のキーワードの検索順位

各ASPは取り扱う広告にマッチした検索キーワードの順位を監視しており、こういったワードで既に上位表示されていてすぐにでも成果が見込めると判断されないと提携してもらえない、ということもあります。(後述のクローズド案件とも関連します)

なかなか提携してもらえない広告はこのパターンの審査が多いのではと推測されます。

提携を断られると再審査は不可能

A8.netを除くと、一度申請を却下された案件には別のサイトを作らない限り二度と申し込みができません※

よってむやみやたらに提携申請をして断られると後々後悔することになります。上で書いたように、まず広告を載せるための記事を書いてから提携申請することを心がけましょう。また複数のASPで取り扱いのある案件の場合、まずA8から申し込んで審査の様子見をしてみるといいでしょう。

クローズド案件はどうしたら紹介してもらえる?

各ASPでは、一般には公開されていない所謂「クローズド案件」というものがあり、こういった案件と提携するには広告主やASPから勧誘してもらう必要があります。

クローズド案件に勧誘してもらえる条件はさまざまですが、その中の一つは「特定のキーワードで上位表示されていること」です。

上記の通りASPは自社が扱う広告に関連したキーワードの検索順位を監視しており、こういったキーワードで上位表示されているサイトに対して営業をかけています。

クローズド案件のオファーは、すでに登録しているASPから連絡が来ることもあれば、未登録のASPから「うちにこういう案件があるので掲載してもらえませんか?」と勧誘してもらえることもあります。

思わぬ記事が収益化できることがあるので、もしWebサイト運営で少しでも収益を上げたいのであれば必ず問い合わせフォームの設置をしておきましょう

スマホアプリのアフィリエイト

最近ではスマホアプリのアフィリエイトに特化したASPも増えています。無料アプリをDL後、起動してもらうだけで成果になるため比較的ハードルが低く、収益を上げやすいのが特徴。

ゲームアプリの案件が多いですが、フリマ、ファッション通販、美容などのジャンルもあり今一番検討するべきアフィリエイトの一つです。

アプリ系のASPは審査が少し特殊で、スマホアプリやゲームに関するレビュー、紹介記事をいくつか書いておかないと審査に通らないことが多いです。以下に挙げるのは、当ブログでも審査を通過できたASPになります。

Smart-C

Smart-Cは上記のJanetと同じアドウェイズが運営するASP。iモードやEZwebの時代から続いているアプリアフィリエイトの老舗であり案件の数は圧倒的。

管理画面は古臭いですが、アプリ広告を始めるならまず登録するべきASPです。

Zucks

Zucksもアプリ広告に強いASPですが、クレジットカードなどアプリ以外のアフィリエイト案件もいくつかあり全体的に単価も高いのでとりあえず提携しておいて損はありません。

管理画面が見やすく、また期限切れの広告にクリックが発生した時にすぐにメールをくれるなど、使いやすさはあらゆるASPの中でトップクラスです。

adcrops

adcrops(アドクロップス)は純粋にスマホアプリに特化したASPです。案件の数はさほど多くありませんが、他社に比べて飛び抜けて単価が高いものがあったりするので、比較のためにも提携しておくべきでしょう。

GameFeat

GameFeatは敏腕アフィリエイター御用達のクローズドASP「レントラックス」系列のASP。ゲームとついていますが、ゲーム以外の案件もあります。

ランク制を採用しており、自分のランクによって案件の数や単価が変わります。他社の案件の単価に応じて調整してくれたりもしますが、広告を貼る際にPR表記が必須のものが多いのが玉に瑕。

登録申請時に画像やリンクは貼ってはいけない?

アフィリエイト 審査 落ちた というようなワードで検索をかけると、審査に影響するから承認されるまで画像やリンクは貼らないでおこう、というアドバイスが多いです。

しかし僕の他の記事を見て頂いたら分かる通り、画像はかなり多いですしリンクも貼っていますがApple Store以外の審査は通過出来ました。

画像に関しては、Google画像検索で拾ってきたアニメキャラや芸能人の画像を、ライセンス確認もせずにベタベタ貼り付けたりしていなければ大丈夫でしょう。

リンクについても、Na◯erまとめのようにリンク先のコンテンツを参照しないと全く中身が入ってこないような記事作りをしていなければOK。そもそもリンクは検索エンジンの根幹を支える仕組みでGoogleのクローラーも利用しているわけですから、リンクのせいでアドセンスの審査に落ちるなんてことは100%ありえません(もちろんリンク先が怪しいサイトであれば話は別)。

小手先の調整ではなく、広告主の視点で考えて、そのブログに広告を掲載したいと思うかどうか?を常に意識しておくことが審査通過の一番の近道です。

まとめ

ここまで書いてきたとおり、開始1ヶ月の弱小ブログでもアップルストア以外の審査は通過出来ました。審査に不安がある方は、毎日でなくていいので1ヶ月続けてみましょう。

サイト開設当初からアフィリエイト貼っとかないと機会損失が云々かんぬん、と考えているそこのあなた。サイト開設して1ヶ月程度ではほとんどアクセスは来ませんよ!

ブログの運営報告で1ヶ月目から何万PVとかある方たちは特殊な才能や運を持った人(あるいはすでにノウハウをもっていて綿密なプランニングをしている人)です。数円分あるかどうかの機会損失を考える前に、とにかく記事を書きましょう

承認後に今まで書いた記事にアフィリエイトリンクを追加していく必要があることを考えると、申請が遅すぎても後々面倒なので、とりあえず1ヶ月後に申請してみるというのは理にかなっていると思いますよ。