【2020】Macbook Pro 13インチ徹底比較!下位モデルも依然としてアリな選択肢!

Macbook Pro 13インチ

2020年のMacbook Pro 13インチは2019年モデルと異なり、下位モデル(2ポート)と上位モデル(4ポート)のスペック差が大きく開きました。

この記事では2つのモデルの比較、およびどちらを購入するべきかについて詳しく検討していきます。

下位モデルは2世代前のCPUですが、依然として魅力的なMacbookの一つです。

2種類のMacbook Pro 13インチ 2020 スペックの違い

公表されている主要スペックの違い

Apple 公式で表記されている違い
CPU8世代 1.4GHz クアッドコアi510世代 2.0Ghz クアッドコアi5
グラフィックIris Plus Graphics 645Iris Plus G7
メモリ8 〜 16GB DDR316 〜 32GB DDR4
SSD256GB 〜 2TB512GB 〜 4TB
Thunderbolt ポート左に2つ左右に2つずつ
Pro XDR Display非対応対応
価格134800 〜188800 〜

ディスプレイ、キーボードなど、目に見えるハード面はポートの数以外に性能の違いはありません。

どうせUSB Type AやSDカード読み取りのためにハブを購入することになるので、ポート数も気にするほどではありません。

Anker 7-in-1 USB-Cハブに外部機器が接続されています

ただし、左右にポートがあると両側から充電ケーブルを挿せるためデスク上の取り回しが便利になるという利点もあります。

またApple純正の6Kモニタ「Pro XDR Display」は10世代CPUとグラフィックを搭載した上位モデルのみ対応。

公表されていないスペックの違い

実は2020年モデルのMacbook Proには、公式のスペックシートに記されていない違いがいくつかあります。

参考に挙げたMax Techの実機比較によると、ファンが1つしかない下位モデルでも上位モデルと比較して温度上昇による性能の低下は見られず、Airとは異なりしっかりとした冷却構造が実現されているとのこと。

またSSDの速度比較は以下の通り(※ SSDは容量が大きいほうが高速になる傾向があるため、フェアな比較ではありません)。

Black Magic Disk Speed TestによるSSDの速度
下位モデル(256GB)上位モデル(512GB)
Read1750MB/s2051MB/s
Write1238MB/s2311MB/s

Macbook Pro 13インチ 2020 どちらを購入するべきか?

各種ベンチマークで比較

CPUとグラフィック性能の目安となるGeekBench5スコアは以下の通り(※ スコアは計測するタイミングや他に起動しているアプリの有無などで多少増減があります)。

Geekbench 5
シングルコアマルチコア
8世代 i59253928
10世代 i512144385
Geekbench 5 metal (グラフィックのベンチマーク)
8世代 i56855
10世代 i510154

当然ですが10世代CPUを搭載した上位モデルのほうがシングル、マルチともに上です。

注目するべきはグラフィック性能の向上。約30%もスコアが上昇しています。

5分の4k動画書き出し時間
8世代 i511分50秒
10世代 i59分58秒
50枚の編集済みRAWのJPG書き出し時間
8世代i54分43秒
10世代i53分28秒
参考:16インチ i73分11秒

下位モデルも依然として優秀な性能ですが、動画編集※など重いグラフィックを扱う作業であれば、高価な上位モデルを選ぶ理由は十分にあるといえます。

またMacにおけるLightroomのRAW現像の処理はメモリに依存する部分が大きく、13インチの上位モデルはほぼ16インチと変わらない書き出し時間を実現しています。

スペックを揃えると価格差はそこまで大きくない

Pro 13インチの2020年モデルはベースグレードの価格こそ54000円もの違いがありますが、上位モデルはメモリ16GB、SSD512GBがデフォルトなので、下位モデルを同じくらいのスペックにする(174800円)と実際の価格差は「1万4000円」となります。

よって下位モデルをメモリ16GB、SSD512GB以上にカスタマイズするのであれば、もう少し予算を足して上位モデルを検討したほうがいいでしょう。

Pro 13インチの下位モデルは上位モデルよりもAirと比較して考える

一方でPro 13インチ下位モデルを買う理由がないか?、というと、そうも言い切れません。

2020年モデルはベースグレードでもSSDが256GBになり、※メモリ16GBも+10000円のオプションに値下がりしました。

4コアi5、メモリ16GB、SSD256GBでも「154800円」であり、Macbook Airの同スペック(134800円)とたった2万円差となります。

詳しくは以下の記事で解説していますが、Air 2020は排熱構造にやや問題があり、性能は2世代前のCPUを搭載したPro 13インチ 下位モデルのほうが明確に上です。大きさ、重さもほとんど変わりません。

個人的には、Airが最初から選択肢にないのであればPro 13インチの上位モデル、Airでもいいのではという考えが頭をよぎる人はPro 13インチの下位モデルも検討してみるのがオススメ。

また上記の通り性能面で大きな違いがでるのはグラフィック処理なので、動画編集などに興味がないのであれば下位モデルはコスパの高い選択肢といえます。

Macbook Pro 13インチ CTOオプションの選択

メモリは16GB以上を推奨。CPUのアップグレードはいらない

最後にCTOオプションの選び方について。

13インチMacbook Proを購入する場合、メモリは16GBにしておいた方が後々の後悔は少ないでしょう。というより、メモリが8GBでも十分という人はおそらくProではなく安価なMacbook Airでも満足できる可能性が高いです。

また最近のMacbookはOSのメモリ管理が優秀であり、SSDが非常に高速なおかげでスワップが発生しても重くなることは稀です。

よって上位モデルは32GBメモリも選択できますが、自分で32GBメモリが必要かどうか判断できない人は間違いなく16GBで十分です。

仮想環境を複数立ち上げるエンジニア、Adobeなどのデザイン系ソフトを同時に複数併用するクリエイター、あるいは頻繁に何十枚、何百枚もRAW現像を行うプロ、ハイアマチュアのフォトグラファーのようなヘビーな使い方をする人だけが検討すればいいでしょう。

CPUに関しては、かつてインテルのモバイル向けCorei5とi7には、「ハイパースレッディング」と呼ばれる並列処理機能があるかどうか、という大きな違いがありました。

しかし現在はi5にもハイパースレッディング機能がついたため、コア数が変わらないのであれば、オプション価格+2、3万円以上の性能差および価値を感じることはほぼないといえます。

少し古い記事ですが、詳細は以下の記事を。

CPU性能が必要な処理をするのであれば、6コア以上の16インチを視野にいれるのが賢い選択だと思います。

SSDは外付けの活用を検討してもいいかも

SSD容量は人それぞれ必要に応じて。2020モデルは最低でも256GBになったので比較的余裕ができました。

また最近はポケットに入るほどコンパクトで高速な外付けSSDも普及してきており、価格もCTOオプションでアップグレードするより安く手に入るものも多いので、これらのアクセサリで容量不足を補うのもありだと思います。

ついにAppleも重い腰を上げてiOS(iPhoneやiPad)が外部ストレージに対応したため、Mac以外の機器との連携という点でもあえて外付けSSDを選ぶ利点はあります。

もちろん内部ストレージにお金をかけられるなら容量は多い方がいいのは間違いありません。

Macbook Pro 13インチ

カスタムせずベースグレードを購入する場合は、Amazonの方がポイント還元が大きいのでApple Storeよりお得。Apple Careも加入できます。

Apple StoreでMacを購入する場合、楽天リーベイツを経由して申し込むと1%の楽天ポイント還元があるので、楽天と手持ちのクレジットのポイントを二重取りできます!

楽天リーベイツのApple storeポイント還元

Macは高額のため、1%でもかなりのポイントになるのでぜひ活用しましょう。

カスタムをしないベースモデルのMacを購入する場合、Apple StoreではなくAmazonに出店しているApple公式ストアを利用すると割引やポイント還元が受けられます

また現金でチャージ(コンビニ払い)したAmazonのギフト券でMacを購入すると価格に応じてさらにポイント還元があるのでクレジットカードよりもお得になる可能性があります。

シェアする