【2020】Macbookはどれを買えばいい?今買うべきモデルとスペックを解説

Macbook Pro 13インチと16インチが木製デスクの上に置かれています

2020年春までに発売されているMacbookの中から、用途別にコスパのいい「買い」のモデルとスペックを比較検討、紹介します。

お金がある人はオーバースペックだろうと好きなだけオプションを盛ればいいと思うのですが、自分の用途にあったマシンをできるだけ安く購入したいという人はぜひ参考にしてください。

2020年モデルは2019と異なり13インチの上位モデルと下位モデルの差が開いたため、以前より選択が複雑になりました。

コスパ重視で検討するのであれば、Pro 13インチの下位モデル以外はベースグレードを基準に考えるのがオススメ。

Macbook AirPro 13インチ(2ポート)Pro 13インチ(4ポート)Pro 16インチ
CPU1.1GHz 10世代2コアi31.4GHz 8世代4コアi52.0GHz 10世代4コアi52.6GHz 9世代6コアi7
メモリ8GB DDR416GB DDR316GB DDR416GB DDR4
グラフィックIris Plus G7Iris Plus Graphics 645Iris Plus G7AMD Radeon Pro 5300M(4GB)
価格104800 〜154800 〜188800 〜248800 〜

あるいは13インチ上位モデルの32GBメモリ or 16インチを必要なだけカスタムする、ということになります。

以下、詳しく紹介していきます。

用途別 Macbookの選び方

カスタムなしのMacbook Airでほとんどの作業は「できる」

メール、文章作成、ブログ執筆、ブラウザ、Youtube閲覧など、パソコンで行う一般的な軽作業や娯楽消費、初心者が個人開発のプログラミングでコードを書く程度ならばカスタムなしのMacbook Air(i3、メモリ8GB)で十分。

Proモデルと違い悪名高きTouch Barも非搭載であり、むしろタイピング用途に関してはAirの方が快適とも言えます。バッテリー持ちがよく、30Wサイズの小型充電器が使えるのも○。

一般的な周辺機器との接続にUSB-C用のハブが必要になるため、Thunderboltポートは2つでも拡張性に問題はありません。

Anker 7-in-1 USB-Cハブに外部機器が接続されています

CPUは2コアのi3でもAir 2019モデルの2コアi5より高性能で「2017年以前のPro 13インチとほぼ同等のパワー」があり、もはや一番安いモデルですら普通の人にはオーバースペック気味のマシンといえます。

GeekBench5のベンチマーク
Air 2019(i5)1833
Air 2020(i3)2005
Pro 13インチ 2017(i5)2015

2、3年前までのProモデルと同じような使い方ができるということは、もちろんPhotoshopやLightroomで画像編集をする、フルHD画質の短い動画を編集するといった程度であれば「快適性」は別としても「全くできない」ということはありません。

ただAirの4コアi5、i7モデルは排熱が追いつかずフルパワーを長時間維持できない(CPUのクロック数がすぐに落ちる)ことが数々の動作検証で判明しています。

CPUに少し負荷がかかると動画の書き出し時間がPro 13インチ(下位モデル)の2倍近くかかるほどに処理速度が落ちてしまうのです。

10分の4K動画書き出し時間
Air(4コアi7)15分46秒
Pro 13インチ(8世代 4コアi5)8分48秒

Airをi5、メモリ16GBにカスタマイズする(134800円)と明確に性能が上のPro 13インチ 下位モデルの同スペック(154800円)とたった2万円差となるので、音楽制作、画像、写真、動画編集など創作活動に本腰をいれるのであればやはりProを選択したほうがいいでしょう。

Airを買うと決めたなら、一番安い2コアi3モデルをそのまま購入するのがおすすめです。

Macbook Air 2020

カスタムせずベースグレードを購入する場合は、Amazonの方がポイント還元が大きいのでApple Storeよりお得。Apple Careも加入できます。

DTM、写真、画像編集などクリエイティブな作業をするならMacbook Pro 13インチ

Photoshop、LightroomなどAdobeのデザイン、画像編集系ソフトを頻繁に利用する人や、一般的なフルHD画質の動画編集をする人はメモリを16GB以上にカスタムしたPro 13インチがおすすめ。

Pro 13インチのディスプレイはAirより最大輝度が大きく、色空間もsRGBより広い色域を表現できる「Display P3」が採用されているのもポイント。

よくMacbookは高すぎるという人がいますが、「フルHDより大きい解像度とP3相当の広色域(Adobe RGB)をカバー」したWindowsのノートパソコンもかなり高額です。

処理性能だけでみるとWindowsよりコスパが悪い(特にグラボ)というのは間違いないのですが、このクラスのディスプレイを搭載したノートPCが税抜13万〜から購入できるというのは十分にMacbook proを検討する理由になるでしょう。

DTMはジャンルによって作業負荷の差が様々ですが、Pro 13インチの4コアi5 + メモリ16GB + NVMe SSDのスペックでストレスを感じるケースはあまりないと思います(ディスプレイサイズを除く)。

問題は下位モデル、上位モデルどちらを選ぶべきか、という点。

各種ベンチマークの比較は以下の通り(※ スコアは計測するタイミングや他に起動しているアプリの有無などで多少増減があります)。

Geekbench 5
シングルコアマルチコア
8世代 i59253928
10世代 i512144385
Geekbench 5 metal (グラフィックのベンチマーク)
8世代 i56855
10世代 i510154
5分の4k動画書き出し時間
8世代 i511分50秒
10世代 i59分58秒
50枚の編集済みRAWのJPG書き出し時間
8世代i54分43秒
10世代i53分28秒
参考:16インチ i73分11秒

当然ですが10世代CPUを搭載した上位モデルのほうがシングル、マルチともに上です。

注目するべきはグラフィック性能の向上。約30%もスコアが上昇しており、動画の書き出し時間にもその差は現れています。

またMacにおけるLightroomのRAW現像の処理はメモリに依存する部分が大きく、13インチの上位モデルはほぼ16インチと変わらない書き出し時間を実現しています。

ただし下位モデルも2世代前のCPUとDDR3メモリでありながら非常に優秀な性能であり、P3ディスプレイ、4コアi5、メモリ16GB、SSD256GBが154800円で購入できるというのは2020年モデルの中でも「コスパ」が高いといえます。

16インチを購入するつもりはない、でもグラフィックの性能は最大限に上げておきたい※、という人「以外」にとって下位モデルは2020年現在でも十分にアリな選択肢です。

個人的には、Airでもいいのではと迷っていた人は下位モデル、最初からAirが選択肢になかった人は上位モデルを検討するのがオススメ。

また下位モデルのスペックを上位モデルと揃えてメモリ16GB、SSD512GB以上にすると価格差は「1万4000円」まで縮まる※ので、SSDオプションを盛るのであればもう少し予算を足して上位モデルを購入したほうがいい気がします。

※ MacbookはAmazonに出店しているApple公式ストアだと定期的に総額5%のポイント還元や割引が実施されているため、こちらを利用するとメモリ16GB、SSD512GBモデルの差額は「約5000円程度」になります。

さらにAmazonのギフト券に「現金で9万円以上チャージ(コンビニ払い)」すると最大2.5%のポイント還元があるため、チャージしたギフト券でMacbookを購入すれば残りの差額がほぼ相殺されます。

13インチ 「メモリ16GB SSD512GBモデル」の実質価格の比較
Apple Store 下位モデル(カスタム)174800 × 1.1(消費税) = 192280円
Amazon 上位モデル188800 × 1.1(消費税) × 0.93(7%分の割引 or ポイント還元) = 193142円

よって下位モデルをApple Storeで同スペックにカスタムするのであれば、上位モデルをAmazonで購入するほうが理にかなっていると思います。

AmazonはApple正規の販売ルートのためApple Careも加入できます!

13インチについては別の記事↓でより詳しく比較しているので参考にしてみてください。

Pro 13インチを購入する場合、メモリはできれば16GB以上にカスタムしておくのを推奨。

上位モデルはメモリ32GBも選択できますが、仮想環境を複数立ち上げるエンジニア、Adobeなどのデザイン系ソフトを複数併用するデザイナー、頻繁に何十枚、何百枚とRAW現像をするようなプロのフォトグラファーなど、よほどヘビーな使い方をする人以外は16GBで十分。

CPUはi7も選べますが、近年のモバイル向けインテル core i5はi7と同様ハイパースレッディングという負荷分散の機能がついており、コア数が変わらないのであればオプション価格+2、3万円以上の性能差および価値を感じることはほぼないので、よほどこだわりがなければi5のままでOK。

Macbook Pro 13インチ

動画編集、映像制作が主な用途ならば16インチ

Macbook Pro 13インチと16インチが木製デスクの上に置かれています

2019年末に発売されたMacbook Pro 16インチは、旧15インチからキーボード、グラフィックなどが大幅にアップデートされたにも関わらず価格も抑えられており、日本国内、海外ともに非常に高い評価を得ています。

僕自身も今年に入って13インチから16インチに買い替えましたが、インカメの解像度が未だに720Pな点くらいしかケチのつけようがありません。

特に動画編集に関してはベースモデルにも搭載されているGPU「AMD Radeon Pro 5300M(メモリ4GB)」が強力で、カスタムせずともグラフィック性能は15インチ時代の最上位VEGA20を凌ぐパワーを誇ります。

以下の動画はi7搭載16インチのベースグレードで4k動画を編集(Final Cut Pro)しているYoutuberのレビューですが、所謂カスタムをしていない「吊るしのモデル」でも派手なエフェクトなどをかけない動画ではかなりサクサク動いているのが確認できます。

最新のFinal Cut、premiereなどの動画編集アプリ、Blenderのような3DCGソフトはmetal、Open CLといったAPIによってGPU性能を効率的に活用できるようにチューニングされており、独立したGPUをもつ16インチと13インチの差は歴然。

Max Techの実機比較レビューでもその差は顕著にでています。

GeekBench 5 metal(グラフィックのベンチマーク)
13インチ(10世代i5)9920
16インチ(5300M 4GB)21328
16インチ(5500M 8GB)28748
16インチ(5600M HBM2 8GB)43144
5分の4k動画書き出し時間
13インチ(10世代i5)9分58秒
16インチ(5300M 4GB)3分36秒
16インチ(5500M 8GB)3分21秒
16インチ(5600M HBM2 8GB)3分3秒

よって動画編集や映像制作が主な用途であれば、13インチの上位モデルより16インチのベースグレードを選ぶ価値は間違いなくあります。特に4Kなどを扱うならなおさらです。

もちろんAirやPro 13インチでも一般的なフルHD画質ならば動画編集はできますが、最新のソフトウェア環境で4K動画や3DCGなどの重いグラフィックを扱う場合、まともなGPU(グラボ)を積んでいるかどうかで「車」と「自転車」くらいパワーに差が出るということはPC選びの知識として頭の片隅に入れておいたほうがいいでしょう。

また、外付けできるeGPUを13インチと組み合わせて使うという選択肢もあります。

Max Techが「AMD Radeon RX5700XT + Pro 13インチ(上位モデル)」と16インチで行った実機比較から一部の結果を引用すると以下の通り。

Geekbench 5 metal(グラフィックのベンチマーク)
13インチ + eGPU + 2モニタ53549
16インチ(5600M HBM2 8GB)43144
13インチ + eGPU31122
16インチ(5500M 8GB)28748
16インチ(5300M 4GB)21328
Unigineのフレームレート
16インチ(5600M HBM2 8GB)75.7FPS
13インチ + eGPU70FPS
16インチ(5500M 8GB)51.1FPS
16インチ(5300M 4GB)47.7FPS
5分の4K動画書き出し時間
16インチ(5600M HBM2 8GB)3分3秒
16インチ(5500M 8GB)3分21秒
16インチ(5300M 4GB)3分36秒
13インチ + eGPU5分42秒

なおeGPUの性能を引き出すには外部デュアルモニタの接続が必須であり、モニタを2つ用意できない場合は安価なHDMIダミープラグなどを挿しておけば大丈夫とのこと。

ベンチマーク通り、eGPUを使うとグラフィックの描画に関しては13インチでも16インチの最上級GPU 5600Mと肩を並べる性能を発揮できますが、一方で編集した動画の書き出し時間に関してはベースグレードの16インチの方が早いという結果がでています。

動画の書き出し中にはCPUとGPUのデータのやり取りが必要であり、eGPUの場合は接続するケーブルの帯域がボトルネックになってしまうようです。

16インチのGPUはオンボードグラフィックなので超高速なPCIeでCPUとデータのやり取りが行われ、動画の書き出しに関してはeGPUに対しても優位に立つことができます。

13インチの上位モデルにまともなeGPUとGPU用ケースを別途購入するとなると総額で30万円程度は必要(eGPUのケースは想像以上に巨大なのでデスクのスペースも要確認)なため、動画編集がメインの用途であれば16インチを選ぶ価値が間違いなくあるでしょう。

ゲーム、3DCGなどグラフィックの描画性能重視であれば「13インチ + eGPU」も選択肢の一つですが、デスク据え置きの環境に限定するとiMac 2020の最上位GPU搭載モデルやNVIDIAのGeForce RTX 2080 Tiを積んだ30万前後のデスクトップPCも有力な競合に含まれてしまうので、本当にMacbookを購入するのが懸命な判断なのかは検討の余地があります。

また2020年6月に16インチに追加されたGPUの新オプションAMD Radeon Pro 5600M(HBM2 8GBメモリ)は3DMarkのベンチマークで「GeForce RTX2060(モバイル)」に迫るスコアを記録。

BootcampのWindows10環境ならば人気ゲーム「Fortnite」の解像度1080P、すべての画質設定をEpic(最高)にしても144fpsでプレイできる(※ Macbook Proのディスプレイはリフレッシュレートが60Hzなので144fpsでプレイするにはゲーミング用の外部ディスプレイが必要)ことがMax Techによって報告されています。

もちろんWindowsのゲーミングノートPCはほぼ半額で購入できるのでゲームのために16インチを購入するのは愚の骨頂ですが、ハイスペックのMacとミドルスペックのゲーミングWindowsPCを1台のモバイルマシンに集約して運用できるというのは特定の人にとって検討する価値のある選択肢と言えます。

AMD Radeon Pro 5600MのTDP(熱設計電力)はたった50Wなので、多くのゲーミングノートPCとは異なりバッテリー駆動の状態でもフルパワーを発揮できるというのもポイント。

Macbook Pro 16インチ 2019

価格そのものは決して安くありませんが、6コアモデルのベースグレードはMacのラインナップのなかでも「コスパ」の高いモデルであり、上記の通り同じ「Pro」でもCPUとグラフィックに関しては13インチとは別格の性能なのでストレスなくクリエイティブな作業に打ち込みたい人におすすめです。

GPUの新オプションAMD Radeon Pro 5600M(HBM2 8GBメモリ)は2年前に発売されたiMac Proの最上位VEGA56とも張り合えるGPUなので、アップグレードすれば誇張ではなく「デスクトップ並のグラフィック」をモバイルでも実現可能。

5600M搭載の16インチはまともに「ゲームもプレイできる」最初のMacbookであり、BootcampでWindows10を起動してゲーミングモニタに接続すれば、人気ゲームを1080P、144fpsで遊べるミドルクラスのゲーミングPC(Nvidia RTX2060搭載のラップトップ相当)に変貌します。

仮想環境を立ち上げたりデザイン系のソフトを複数併用してヘビーに作業するならばメモリ32GBにしておくというのもアリ。

8コアCPUやメモリ64GBは自分で必要性が判断できない場合は間違いなくオーバースペックになると思います。

現時点で愛用している6コアCPUや32GBメモリのPCが悲鳴を上げているような人だけが検討すればいいでしょう。

SSDは外付けの活用を検討してもいいかも

最近はポケットに入るほどコンパクトで高速な外付けSSDも普及してきており、価格もCTOオプションでアップグレードするより安く手に入るものも多いので、本体容量をアップグレードせずこれらのアクセサリで容量不足を補うのもありだと思います。

ついにAppleも重い腰を上げてiOS(iPhoneやiPad)が外部ストレージに対応したため、Mac以外の機器との連携という点でもあえて外付けSSDを選ぶ利点はあります。

もちろんSSDオプションにお金をかけられるなら内蔵SSDの容量も多い方がいいのは間違いありません。

Apple StoreでMacを購入する場合、楽天リーベイツを経由して申し込むと1%の楽天ポイント還元があるので、楽天と手持ちのクレジットのポイントを二重取りできます!

楽天リーベイツのApple storeポイント還元

楽天ポイントはiTunesやAppStoreのポイント購入にもつかえる(要クレカ)ので、有料アプリやゲームの課金、各種サブスクやiCloudストレージの支払いで簡単に消費できます。

Macは高額のため、1%でもかなりのポイントになるのでぜひ活用しましょう。

カスタムをしないベースモデルのMacを購入する場合、Apple StoreではなくAmazonに出店しているApple公式ストアを利用すると割引やポイント還元が受けられます

また現金でチャージ(コンビニ払い)したAmazonのギフト券でMacを購入すると価格に応じてさらにポイント還元があるのでクレジットカードよりもお得になる可能性があります。

シェアする