もう待たされない!ドコモショップを予約する手順を解説!

ドコモ ロゴ

先日ドコモを解約するためにドコモショップへ行ったところ、なんと6時間待ちというふざけた状況に遭遇し大変な目にあいました。

後々調べてみたところ、ドコモショップは事前にインターネット予約ができることが判明。今後、僕のように時間を無駄にする人が一人でも減ることを願ってドコモショップの予約方法を解説します。

ドコモショップの予約方法

dアカウントを発行

ドコモショップの予約にはdアカウントが必要です。dアカウントはドコモユーザー以外でも発行できるので、新規契約や他社からのMNPでドコモショップへ行く場合でも予約が可能。YahooやFacebookのアカウントを使って登録を簡略化することもできるので、ぜひ活用しましょう。

dアカウントを発行

お客様サポートからドコモショップを予約

まず公式のお客様サポートのページ↓を開き、「店舗を指定して予約する」を選択します。

店舗を指定して予約

次に来店予約をしたい店舗を指定します。ワード検索もできますし、地図から選択することもできます。

希望のショップをさがす

希望のドコモショップのページから、「この店舗の来店予約をする」を選択します。

指定したドコモショップを予約

先ほど発行したdアカウントでログインします。

dアカウントでログイン

メニューから受け付け内容を選択します。

要望を選択

ドコモショップの予約は翌日から1ヶ月後まで可能です。時間は30分刻みで選択できます。店舗によっては予約が込み合っていることもあるので、もし好きな時間に予約がとれない場合近くの店舗をあたってみるのがいいでしょう。

予約日を選択

日付を選択後、ページ下部に連絡先メールドレスを入力し、「確認する」を選択します。間違いがなければ予約を実行しましょう。

予約を確認

予約の変更、キャンセル

予約の変更やキャンセルは、上記のお客様サポートのページから申し込みます。dアカウントの入力が必要です。

予約をキャンセル

月末の解約は絶対に来店予約をしておこう

ドコモを月末ギリギリに解約する際には、絶対に事前予約をいれておきましょう。ご存知の通り、キャリアの契約には2年縛りがあるので、ドコモショップが混み合っていて更新月の最終日に解約しそこねてしまった場合、違約金1万円+翌月の通信料と2重の損失が発生します。

解約は店頭での受け付けのみで、解約手続きをした瞬間に回線が繋がらなくなります。プラン変更と違って、今月末に解約してください、といった事前申し込みはできないので注意が必要です。手続き自体は5分もあれば終わります。

解約以外はオンライン手続きの方がおすすめ

解約以外の手続きはほぼすべてオンラインから行うことができるので、わざわざドコモショップへ行く必要はありません。特に新規や機種変更、MNPの場合、ドコモのオンラインショップならば余計なオプションを無理やり押し付けられずに済みます。

オンラインショップ経由の機種変更ならば手数料(2000円)も無料なので、むしろ店頭のキャリアショップを利用するとお金、時間の両面で損をします。

まとめ

ドコモに限らず携帯のキャリアショップは常に混み合っており、いざ整理券を受け取っても待ち時間がどれくらい続くかは店員さんですら正確に予測できません。

時間を有効活用するために、今後のドコモショップの利用はぜひ事前予約を利用しましょう。解約以外の手続きはインターネットから行った方がスムーズですよ。

ドコモユーザー必見!dカードはお持ちですか?

中条あやみちゃんのけん玉CMでもお馴染みのdカード(旧DCMX)。ドコモユーザーは、このdカードを所有しているだけで携帯やドコモ光の料金に1%のポイントが付きます。

dカードではドコモの携帯料金の支払い自体にはポイントがつかないので、支払いを別のクレジットカードにするだけでドコモ関連の料金のポイントを二重取りでき非常にお得になります。dポイントは携帯料金に充当できるので使い道にも困りません。

dカードは普通に使ってもポイントが1%付与される高還元率カードですし、年に1度の利用で年会費が無料になるのでサブカードとして所有しても負担になりません。

またスターバックスカードにdカードでチャージすると4%のポイント還元になり、しかもキャッシュレスでコーヒーの購入ができるため、スタバのヘビーユーザーも必見。

ドコモ関連の料金のポイントが驚異の10%還元になるdカード GOLDという上位のカードもあります。こちらは年会費が1万円かかりますが、目安として毎月9500円以上ドコモへ支払っていれば通常のdカードよりお得になります。ゴールドカードなので空港のラウンジなども利用可能

iPhone 7から利用可能になったApple Payにも対応していますし、家族カードの発行も可能。dカードはドコモユーザー必携のクレジットカードです。

シェアする

フォローする