通勤タイマーウィジェットで電車の乗り遅れを防止せよ!【iPhone】

通勤タイマーをウィジェットに表示

iPhoneの通知センター上で、電車の出発までの時間をリアルタイムでカウントダウンできるウィジェット「通勤タイマー」が便利なのでご紹介。

この機能を使えば、「あとちょっとで電車に間に合ったのに…」、という状況に出くわすことがなくなります。通勤タイマーはYahoo!乗換案内アプリに搭載されている機能になります。

Yahoo!乗換案内アプリで通勤タイマーを使う

利用駅の設定

まずYahoo!乗換案内アプリを起動したら、左下に表示されている「タイマー」をタップします。

通勤タイマーを設定

「最寄り駅の追加」を選択して、自宅の近くの駅、学校、仕事先の近くの駅を追加します。人によっては乗換駅などをいれるのもありでしょう。

最寄り駅の設定の設定

駅を追加

複数の電車が乗り入れている駅の場合は、自分が使う路線を選択する必要があります。

自分が利用する路線の選択

行き、帰りともに6つまで駅を登録しておくことができますが、一度にカウントダウンを表示できる駅はそれぞれ1つだけです。この設定画面でチェックマークがついている駅のみ表示されます。表示する駅の切り替えもこの画面から行います。

カウントダウンする駅を選択

カウントダウンを開始すると、このようにリアルタイムで出発までの時間が表示されます。「行き」、「帰り」というアイコンをタップするとそれぞれを切り替えることが出来ます。

通勤タイマーを表示

各停だけ、または特急だけ表示するということももちろん可能です。「絞り込み」→「種別絞り込み」と選択します。

種別を絞り込む

カウントダウンに表示したい種別にのみチェックをいれます。

カウントダウンしたい種別のみにチェック

通知センターのウィジェットに追加

通勤タイマーが便利なのは、アプリを開かずともウィジェットからカウントダウンを確認できるところです。

通知センターを表示して「編集」をタップし、通勤タイマーを追加します。

iphoneの通知センター

ここでも「行き」、「帰り」のアイコンをタップするとそれぞれを入れ替えることが出来ます。

通勤タイマーをウィジェットに表示

特定の時刻に自動で行き、帰りを入れ替えることも出来ます。最初の設定画面に戻り、「切り替え時刻設定」で時刻を入力すればOK。

その他、Yahoo!乗換案内アプリの便利機能

Yahoo!乗換案内アプリは他にも様々な便利機能がついているので、iPhone/iPadで乗換アプリを探している人は必携です。

すべての機能が無料で使えますが、フル機能で使うにはYahoo!アカウントでのログインが必要になります。

遅刻しそうなときや終電を逃しそうなときに通勤タイマーのカウントダウン機能は非常に役に立ちますが、歩きスマホ(走りスマホ?)には要注意です。

シェアする

フォローする