デビットもOK!Apple PayのSuicaはクレジットカードなしで使えます

suicaアプリのアイコン

iPhoneのモバイルSuicaをクレジットカードを使わずに利用する方法を詳しく解説します。この記事で紹介する方法であれば、高校生以上であれば誰でも(※)iPhone 7/8/XでモバイルSuicaが利用可能になります。

クレジットカードなしでモバイルSuicaを使う方法

モバイルSuicaをクレジットカードなしで使う方法は、大きく分けて2通りあります。

現金チャージで使う

モバイルSuicaアプリから現物のSuicaカードを取り込むと、支払い用カードを登録しなくてもその時点からモバイルSuicaの利用が可能になります。

モバイルSuicaは全国のコンビニで現金チャージができるので支払い用カードがなくても使えますが、券売機ではチャージできない、定期の更新ができないなど不便が多いため、支払い用カードなしで使うのは現実的ではありません。

Apple PayのモバイルSuicaはデビットカードが使える

楽天スルガvisaデビット

Suicaアプリならデビットカードが登録可能

モバイルSuicaの支払い方法には、

の2パターンがあります。

モバイルsuicaの決済方法

Apple PayのWalletアプリにはデビットカードは登録できませんが、Suicaアプリであれば登録、利用が可能です。

デビットカードは支払いと同時に銀行口座から料金が引き落とされるカードで、ちょうど現金払いとクレジットカード払いの中間にあたる支払い方法になります。

口座に入っている金額分しか使えないので、クレジットカードのように自分の支払い能力を超えて使いすぎてしまうことはありませんし、限度額も設定できるためいつの間にか口座がスッカラカンという事態も防げます。

デビットカードは高校生以上で銀行口座を開設できる人であれば誰でも発行できます(発行可能年齢は銀行によって異なります)。

銀行口座の開設自体には審査もありますが、口座売買など悪質な犯罪に手を染めていない限りまず審査落ちすることはありません。

近年銀行はデビットカードの普及に積極的であり、メガバンクから地銀、ネット銀行に至るまでたくさんの選択肢があります。JCB、VISAデビット双方とも僕が所有しているカード(上記の写真)で登録、利用が可能であることを確認済

デビットカードの入手方法

デビットカードの利用は銀行口座とセットなので、カード発行元の銀行口座の開設と一緒に申し込むことになります。

新規で口座を開設する場合は、デビット機能付のキャッシュカードを選択すればOK。既に銀行口座を持っている場合はデビットカードのみ発行してもらうこともできます。

楽天JCB デビットカードポイント還元率が1%と高く(※)、ゆうちょ銀行と連携させるとネットバンキングを使って手数料無料で入金をすることもできるので、モバイルSuicaで高額な定期券を購入するのであれば一番おすすめ。

楽天銀行デビットカードのPOINT

電子マネーのチャージはポイント付与対象外

住信SBIネット銀行のVISAデビットは、デビットカードとしては唯一Suicaなど電子マネーのチャージにも0.6%のポイントが付きます。

住信SBIネット銀行は電子マネーもポイント対象

住信SBIネット銀行はコンビニATMからの入金手数料が完全無料で銀行としての機能も充実しているため、万人におすすめできるデビットカードは住信の方になります。

その他、おすすめデビットカードについては別記事↓でも比較、紹介しています。

モバイルSuicaと支払い用カードの名義は同じでなくてはなりません。家族に作ってもらったカードでは登録できないので要注意。

iPhone 7とデビットカードでモバイルSuicaを使う手順

Walletアプリを使わない、というのが一番のポイントです。

Suicaアプリをダウンロード

クレジットカードなしでモバイルSuicaを利用するには、WalletアプリではなくSuicaのアプリからすべての操作を行います。

記名式Suica、またはSuica定期券を新規発行する場合

Suicaアプリを起動するとSuicaを新規発行、またはICカードを取り込む画面になるので、ここから記名式Suica、またはSuica定期券を発行します。

suicaを新規発行

あとは規約に目を通した上で指示されたとおりに個人情報を入力し、支払い用クレジットカードの欄にデビットカードの番号を入力するだけでOK。

デビットカードを登録

既存のSuicaカードを取り込む場合

アプリからSuicaの取り込みを選択して指示されたとおりに操作します。通勤時間帯など、モバイルSuicaのサーバーが混雑している時間だと取り込みに失敗することがあるので、エラーが出た場合はすこし時間を置いてから再チャレンジしましょう。

suicaを取り込む

無事SuicaカードをiPhoneに追加すると、今度はモバイルSuicaの登録画面になります。規約に目を通して会員登録を行います。おサイフケータイとは違い、iPhoneのモバイルSuicaは会費が無料です。

モバイルsuicaに会員登録

個人情報は登録する支払い用カードと照合が行われるため、間違いがないように正確に記入する必要があります。偽名や嘘の生年月日などを記入するのは絶対に駄目です。

登録ができたら、モバイルSuicaメニューから「登録クレジットカード情報変更」を選択して、デビットカードの番号を入力します。

モバイルsuicaにクレジットカードを登録

Walletアプリに登録できないカードでも、Suicaアプリならば登録、利用が可能になります。あとは口座にお金を入金して、Suicaにチャージしたり定期を購入したりすればOK。

オートチャージ以外の機能はすべてデビットカードで問題なく利用できます。

まとめ

AppleやJR東日本の発表が紛らわしいのですが、デビットカードだろうがVISAのクレジットカードだろうが、Apple Payに非対応でもモバイルSuicaに対応しているカードなら何でも使えるということですね。

実際に利用してみると、スマホで改札を通過できるのは非常に便利なのでクレジットカードがなくて諦めていた人はぜひお試しあれ。

シェアする

フォローする