モバイルSuicaで利用できるおすすめのデビットカードを比較!

楽天スルガvisaデビット

iPhone 7で利用可能になったことで再び注目を浴びた「モバイルSuica」。モバイルSuicaをフル活用するには支払い用カードの登録が必須ですが、クレジットカードを持っていない、または使いたくないという人もいると思います。

別記事「デビットもOK!Apple PayのSuicaはクレジットカードなしで使えます」で解説している通り、モバイルSuicaはクレカの代わりに「デビットカード」を登録して利用することができるので、この記事ではクレカを持っていない現金派の人におすすめのデビットカードを紹介します。

もちろんiPhoneだけではなくandroidやガラケーのモバイルSuicaもデビットカードで利用できる(ただしこちらは年会費が1000円必要)ので、Apple Payではなくおサイフケータイを活用している人にもおすすめです。

デビットカードを発行している銀行

近年銀行はデビットカードにかなり力をいれており、メガバンクから地銀、ネット銀行にいたるまで非常に多くの選択肢があります。

メガバンクや地銀が発行しているデビットカードはポイント還元が渋かったり、年会費が必要だったりとメリットが少ないので、新しくデビットカードを作るのであれば「ネット銀行系のデビットカード」がおすすめです。

モバイルSuicaにおすすめのデビットカード

デビットカードは銀行口座とセットで利用することになるので、銀行口座を開設する際に、デビット機能付のキャッシュカードを申し込むことで入手できます。

銀行口座の開設には審査もありますが、よほどのことがない限り審査で落ちることはないでしょう。

また既に利用している銀行がデビットカードを発行している場合、手持ちのキャッシュカードと無料で取り替えてもらうこともできます。

以下で紹介するデビットカードはすべて年会費も無料です。

定期を購入するなら楽天銀行JCBデビット

楽天銀行のアイコン

驚異の1%ポイント還元

楽天銀行が発行するJCBデビットカードの特徴は、デビットでありながら1%の高還元率。

残念ながらSuicaなど電子マネーのチャージはポイントが廃止されましたが、モバイルSuicaを経由した定期券の購入、新幹線チケット、グリーン券の購入は「電子マネーのチャージ」ではないので、現在でも1%のポイントがつきます※

楽天銀行デビットカードのPOINT

電子マネーのチャージはポイント付与対象外

モバイルSuicaで定期や新幹線を使う、または光熱費や携帯電話の支払いにもデビットカードを利用するのであれば、一番のおすすめはこの楽天JCBデビットになります。

モバイルSuicaで利用できる定期券については別記事のApple PayのモバイルSuicaを定期券として使うで解説しています。

ATM手数料無料の条件

楽天銀行はATM手数料が無料になる条件が厳しいのがマイナスポイント。

3万円以上の入金、またはゆうちょ銀行と連携させて、ネットバンキング経由で入金すると手数料が無料になります。

出金を無料にするには、3万円以上の入金(またはゆうちょのネットバンキング)を使って口座残高を10万円以上にしてランクを上げてから引き出す必要があります。

楽天JCBデビットはポイント還元率が圧倒的に高いのでモバイルSuicaで定期を購入する人に最適ですが、こまめに少額の入出金を繰り返す使い方は向いていません。

住信SBIネット銀行 VISAデビット

住信SBIネット銀行のアイコン

電子マネーのチャージもポイント付与の対象

上記の楽天JCBデビットも含め、ほとんどのデビットカードは「電子マネーのチャージ」がポイント対象外になっていますが、住信SBIネット銀行のVISAデビットは電子マネーのチャージもポイントがつきます

住信SBIネット銀行は電子マネーもポイント対象

モバイルSuica用のデビットカードとしては、まず住信SBIネット銀行のVISAデビットカードを検討するといいでしょう。

ATMの入金手数料が無料

住信SBIネット銀行はATMからの入金が常に無料、出金もポイントランクに関係なく月2回無料です。ポイント還元も0.6%と比較的高めなので、デビットカードの利用がメインの口座としては非常に使いやすいです。

自動入金機能が便利

住信SBIネット銀行には、予め振込予約を設定しておくことで毎月一定の金額を他の口座から住信SBIネット銀行の口座に手数料無料で振り込む「定期自動入金」機能があります。

この機能を使うことで、毎月デビットカードで使う可能性のある金額をメインの銀行口座から無料でSBI銀行へ移動させることができ、逐一ATMを利用する手間が省けます。

銀行振り込みも月1回無料

住信SBIネット銀行は、毎月1回他の銀行口座に無料でお金を振り込むことができます。

デビットカードだけでなく、銀行口座としてフル活用する際にも使いやすいのがSBIネット銀行になります。

nanacoも利用できるセブン銀行JCBデビット

セブン銀行のアイコン

nanacoポイントが貯まる

セブン銀行JCBデビットは通常のポイント還元率は0.5%※ですが、セブンイレブンでの利用は1.5%、西武、そごう、デニーズなど7&iグループの店舗で1%のnanacoポイントが貯まります。

セブン系列の電子マネー「nanaco」に新規登録する場合は、キャッシュカード1枚にデビット、nanaco両方の機能をつけることが可能。

現在nanacoカードをすでに利用している場合でも、デビットカードとnanacoカードを紐つけることで、デビットカードで入手したポイントを今持っているnanacoカードに貯めることができます。

セブンイレブンや7&iグループのお店を頻繁に利用しているなら、このセブン銀行JCBデビットがおすすめです。

ATM手数料がほぼ無料

セブン銀行では、入金は24時間無料、出金も7:00〜19:00であれば何回でも無料です。

近所にセブンイレブンがあり、細かい入出金を繰り返す人はセブン銀行のデビットカードを検討するといいでしょう。

Tポイントが貯まるジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行のアイコン

Tポイントが貯まる

ジャパンネット銀行のVISAデビットカード(通称ファミデビ)はTポイントカードの機能がついているので、普及率の高いTポイントを貯めることができます。すでに利用しているTカードからポイントを引き継ぐことも可能。

ファミマでの買い物は1%還元、さらに火曜と土曜は「カードの日」になりファミマでの買い物が2.5%還元になります。

日常的に利用しているコンビニがファミリーマートであれば、このジャパンネット銀行のVISAデビットがイチオシ。

カードレスVISAデビットで通販のセキュリティを高める

ジャパンネット銀行では、通販でのみ使えるカード番号をVISAデビットとは別に発行できます。

このカード番号は利用後すぐに削除ができるため、通販の代金をVISAデビットで支払う場合でも、店舗にカード番号が残らないので非常にセキュリティが高いです。

僕もつい最近、利用しているサービスが不正アクセスにあいクレジットカード情報流出の対象者になってしまいました(不正利用はされていませんが…)。ジャパンネット銀行のカードレスVISAデビットを利用すれば、このような不正アクセスによるカード情報流出にあうリスクを0にすることができます。

デビットカードを通販に活用するつもりであれば、ジャパンネット銀行は非常におすすめです。

ATM手数料

ジャパンネット銀行では、毎月入出金が1回ずつ無料、さらに3万円以上の入金も手数料が無料になります。

楽天銀行同様、頻繁に少額の出し入れをする人には向いていません。

おすすめデビットカードのまとめ

モバイルSuicaにおすすめのデビットカード
ポイントSuicaチャージのポイント対応定期などの購入のポイントATMの使いやすさ備考
楽天1%××ゆうちょ連携で入金無料
SBI0.6%振り込み手数料が月1無料
セブン0.5%×セブンイレブンでのポイント還元
ジャパンネット0.2%××ファミマでのポイント還元/通販のセキュリティ

万人におすすめなのは、コンビニATMからの入金が完全無料かつ唯一「電子マネーのチャージ」にもポイントがつく住信SBIネット銀行、高額な定期購入のポイントを最大化するなら楽天銀行のデビットカードが最適。

頻繁に利用するコンビニによっては、セブン銀行ジャパンネット銀行も検討する価値があるでしょう。

シェアする

フォローする