トロける金華豚のトンカツ!御殿場「旬菜 やま城」へ行った!

金華豚のとんかつ

静岡県 御殿場市の246沿いある地元静岡産の食品をウリにした和食屋さん、「旬菜 やま城」へ行ってきました。たまたま通りかかってお邪魔したのですが、ここのトンカツが非常に美味しかったのでご紹介します。

旬菜 やま城のアクセス

やま城の外観

旬菜 やま城は、静岡県 御殿場市の246沿いにあります。御殿場駅周辺から246を東京方面に5分くらい走ったところにあります。店は沼津方面沿いにありますが、交差点にあるので反対車線からでも右折で入れます。

万一右折し損ねた場合でも、すぐ次の信号で左折して店の正面に戻ってくることが出来るので安心です。駅からは遠く、車以外でのアクセスは難しいです。

慶事、法事、歓送迎会など宴会もできるお店のため、駐車場は広いです。店の入り口のスペースは狭いので、裏側の広い駐車場に停めた方が車の出し入れがしやすいです。

金華豚 とんかつ定食を頂く

やま城の店内は座敷、テーブル席があるごく普通の定食屋さんです。宴会用のスペースは別にあります。店員さんは年配の女性が多く、テキパキと対応してくれます。

やま城のインテリア

今回は御殿場産 金華豚のトンカツ定食 2300円を頂きました。やま城のメニューは少々高めですが、分量も多く品質の良い食材を使っているため相応の価値のあるものだと思います。巨大な海老フライ定食や、うなぎなどのラインアップもあります。

とんかつ定食

こちら↑がトンカツ定食になります。キャベツだけでなく、地元産のレタスや漬け物もついておりこれが非常に美味しかったです。

金華豚のとんかつ

そしてメインの金華豚(きんかとん)のとんかつ。金華豚は世界三大ハムと言われる金華ハムの原料として使われる中国の豚です。やま城で頂ける金華豚は、その純血種の血統を引く豚を御殿場で育てた安心の日本産豚肉になります。仕入れ先は御殿場の山崎精肉店のようです。

このとんかつの味がとても素晴らしい。衣はサクサクですが、豚肉は一口で噛み切れるほど柔らかく口のなかでとろけていきます。こういう食感のとんかつは初めて味わいました。そこそこ値段は張りますが、150gと大ボリュームなので十分納得できます。

三島産の豚を使ったトンカツ定食は1500円で頂けます。知人がこちらを使ったカツ丼を頼んだので少し頂きましたが、三島産の豚肉もクオリティ高かったですね。

ねかせ玄米

定食のご飯も白米と玄米を選ぶことが出来ます。ねかせ玄米という数日間保温状態で寝かせた玄米は、独特の食感に栄養たっぷりで選んでみる価値があります。ただ普通のトンカツ屋さんと違っておかわりはできないのが残念。

食後のコーヒー

食後には無料のワンドリンクがついてきます。紅茶、コーヒー、抹茶、甘酒などから選ぶことが出来ます。

まとめ

富士宮 駐車場

旬菜 やま城は、安くはありませんし車以外ではアクセスが悪いものの、決して後悔しないクオリティの定食を頂くことが出来ます。御殿場周辺は、富士山以外にもハイキングコースが多く、またドライブやバイクツーリングにも最適な道路もたくさんあるので、それらのお供にぜひ頭に入れておきたいオススメのお店です。

シェアする

フォローする