料理よし温泉よし!奈良県 かんぽの宿 大和平群に泊まった!

かんぽの宿 大和平群のロビー

奈良県 平群町(へぐりちょう)にある宿泊施設、「かんぽの宿 大和平群」に泊まってきました。コンビニまで2km弱というなかなかの立地ですが、すぐ近くに第二阪奈道路が通っており奈良の中心地までもアクセスが良いので、奈良観光で温泉付きの宿を探しているなら要チェックです。

かんぽの宿 大和平群のアクセス

かんぽの宿 大和平群は、近鉄生駒線 元山上口駅から徒歩10分ほどの場所にあります。予約をしておけば、駅から送迎バスで送ってもらうことも出来ます。奈良の中心地からも遠くはありませんが、立地的に車で行った方が楽です。

かんぽの宿 大和平群の概要

かんぽの宿 大和平群は、3階建てで横長の構造です。エレベーターは数カ所あるので、さほど待たされることもありません。

かんぽの宿の廊下

共用部は年季の入ったホテル、という雰囲気で、今風のオシャレなホテルを期待して行く場所ではありません。

かんぽの宿 大和平群のロビー

ただし室内はリフォームされており、非常に綺麗です。温水便座もありますし、加湿器もロビーで借りることが出来ます。部屋にシャワーはありません

かんぽの宿のベッド

清潔感のある洗面台

晴れていれば生駒山を眺めることもできます。

かんぽの宿から眺める生駒山

かんぽの宿 大和平群の温泉

このお宿のウリが、その名の通り大和平群温泉です。かけ流しではないものの、弱アルカリ性でぬめりのある非常に快適な湯質を楽しめます。露天、サウナはありませんが、内湯とは別に檜造りの寝湯があります。

宿泊者はもちろん早朝から朝風呂に入ることも出来ます。日帰りの場合は11時〜20時の間のみ利用可能で、料金は630円(休日680円)、ロッカーはコインのいらない鍵付き、タオルは別料金になります。

この宿では部屋の鍵を2つ貸してもらえるので、男女で温泉に入る場合でもそれぞれ時間を気にする必要がないのが良かったですね。

お食事

レストラン万葉

かんぽの宿 大和平群はお食事も魅力的です。ここの料理長は、全国のかんぽの宿のコンテストで一位になったこともある腕利きの方のようです。

宿泊の場合は二食付きで12000円程度が平均価格になります。予約制ですが、昼、夜ともに食事だけの利用も可能です。

この日のメニューは以下の通り。

前菜

前菜 季節の彩り。

季節のお造り

お造り。炙ったサワラが美味でした。ちょっと量は少ない気もしますけど…。

道明寺蒸し

山葵道明寺蒸し。関西ならではの味ですね。

ごま豆乳鍋

胡麻豆乳鍋。ヘルシーです。

焼きカレイ

焼き魚はカレイ。こんなに身の白いカレイは初めて食べました。

白米とつけもの

〆のデザート

白米に漬け物、みそ汁を頂いて、〆のデザート。

全体的に凝った造りで、非常に満足度の高い食事でした。お酒の値段もさほど高くないのもポイント。

朝食はバイキングです。最近のホテルバイキングはハズレがないんですが、このお宿ではそこらのビジネスホテルよりワンランク上のクオリティが楽しめます。

バイキングの席とり用プレート

バイキングの際、プラカードで先に席とりができるのがとても良かったです。料理が乗った重いプレートを持って空いた席を探しまわるのって結構緊張感があって嫌ですよね。このシステムは、ぜひバイキングを実施している他の宿泊施設にも取り入れてほしいです。

かんぽの宿 大和平群のイマイチなところ

WIFIがない

かんぽの宿 大和平群にはWIFI設備がありません。お客さんの年齢層も比較的高めなので、あまりWIFIの需要がないのかなとも思いますが。

駐車場

駐車場自体は広いんですが、日帰り温泉もやっているためか混雑しています。結局、宿の正面には停めることが出来ず、奥の狭い場所に停めざるを得ませんでした。この日は晴れていたので特段問題はなかったのですが、入り口近くのスペースは宿泊予約者に優先的に割り当ててほしいなあと感じます。

まとめ

ちらっと触れましたが、全体的にお客さんの年齢層は高めで、若いカップルや新婚夫婦がデートで泊まるという雰囲気ではないかな、と思います。親子三代の家族旅行などで来ている方が多い印象です。

部屋は清潔感がありますし食事、温泉ともに質が高いので、奈良観光の宿を探しているならぜひ検討してみてください。

かんぽの宿 大和平群 に最安料金で泊まる方法

大手の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」のホテル料金比較サービスを使うと

など、著名なホテル予約サイトのなかから最安のプランを簡単に探し出すことができます