神奈川 相模川沿いのドッグランなら新戸スポーツ広場へ!

走り回る犬

photo by Brian Kelly

以前書いた海老名市 相模三川公園の記事に、相模川沿いで愛犬と遊びたい方から多くのアクセスを頂いています。ただ三川公園は小さいお子さんもたくさん訪れる公園のため、リードを外すことはできません。そこで、思いっきり愛犬と走り回って遊べるとっておきのスポットを一つご紹介します。

春は桜まつり、夏はひまわりまつりが開催されるため、愛犬の記念撮影にもぴったり。

相模原市 新戸スポーツ広場

新戸グランド

新戸(しんど)スポーツ広場は相模川沿いにある広大な広場で、相模原市と座間市のほぼ境目にあります。新戸グランドとも呼ばれます。相模大凧まつりというこの辺りでは有名なお祭りの会場に使われることもあり、とにかく広いです。

新戸グラウンドから桜並木を眺める

大人用のサッカーコートが3つか4つくらい入るほど巨大な広場です。南側と北側がサッカーなどが出来る芝生の広場、その真ん中に野球用のグラウンドが2つあります。休日は少年サッカーや少年野球が行われていますが、北側の芝生スペースは空いていることが多いです。たまに全面使用されていることもあるので、休日は夕方に訪れるのが確実かもしれません。

万一場所が開いていなくても、この一帯の相模川沿いには大きなスペースがたくさんあるので損はしないはずです。個人で利用する分には特別な許可は必要ありませんが、サッカーや野球など組織されたイベントを行うには許可を取る必要があります。

広大な新戸グランドの夕暮れ

愛犬と遊ぶだけでなく、子供とボール遊びをしたりするのにも最適です。とにかく広い上に平日はさほど人もいないため、周りを気にせずに動きまわることが出来ます。

新戸スポーツ広場のアクセス

新戸スポーツ広場はGoogle Mapにも載っていないため少々アクセスが難しいですが、すぐ近くにノジマフットボールパークというサッカー場があるのでこちらを目印にするといいと思います。ノジマフットボールパークの横に河川敷に車を乗り入れる道があります。

ノジマフットボールパークから新戸グラウンドへ

新戸スポーツ広場の駐車場

新戸グランドの駐車場

広場の周りは舗装されていないものの広大なスペースがあり、24時間自由に車を停めることができます。またすぐ近くに「風と花の観光休憩所 あらいそ」というトイレと駐車場(無料)もあるので、砂利道に愛車を乗り入れたくないならこちらに車を停めることも可能です。

観光休憩所 あらいそ

風と花の観光休憩所あらいその駐車場

電車の場合は相模線 相武台下駅が一番近いですが、徒歩15分ほどかかるため愛犬を連れて電車で来るのは難しいと思います。遠方から来る人がいるかは分かりませんが、圏央道厚木ICまたは相模原愛川ICからも15分くらいで到着します。

まとめ

新戸グラウンドの全景

新戸スポーツ広場はほとんど地元の人にしか知られていない穴場のスポットです。休日の昼間は空いていないこともありますが、個人で少し利用させてもらう分には24時間無料で遊ぶことが出来ます。河川敷にあるので、天気が良ければ大山の雄大な姿を望むことが出来る開放感のある広場です。少し南下して座架依橋の下辺りまで行けば相模川の河原まで降りることもできますよ。

大山の夕焼け

愛犬の排泄物、ゴミの処理などマナーはしっかり守って利用してみてください。ドッグラン専用のスペースではないので、サッカーや野球クラブのじゃまにならないようにご注意を。

シェアする

フォローする