夜の築地でまぐろ三昧!串jigeはデートにも宴会にもぴったり!

マグロの中落ち

築地の有名店「串jige(じげ)」に行ってきました。店名に串とついているのですが、串焼きだけでなく築地ならではの海鮮料理がいつもと違う形で存分に満喫できます。築地というと朝やランチのイメージが強いですが、夜にも築地の海鮮を楽しみたい、という方に特におすすめです。

串じげのアクセス

夜の築地本願寺

串jigeの本店は、築地本願寺の向かい側の路地にあります。本願寺が目印になるので土地勘がない人でもわかりやすいです。東中野にも支店があるようです。

串じげの外観

店は2階建てで、地下が喫煙席になります。カウンター席から大きなテーブル席もあり、デートから大人数での宴会まで楽しめます。東京の有名店だけあり、店内はとてもオシャレで清潔感があります。

串jigeのテーブル

ちなみにすぐ近くにある「BARRACUDA」も串jigeの系列店です。以前は串jige本店とメニューも同じで雰囲気だけカジュアルにしたお店だったのですが、現在はリニューアルされて別のお店になったようです。

築地 ばらくーだ

料理をいただく

コース料理もありますが、今回はアラカルトで色々と頼んでみました。公式HPに載っているメニューはほんの一部なので、店員さんにその日のオススメを聞いてみるのがいいですよ。

ししゃもの七輪焼き

ホタテの七輪焼き

まずはお通し。この日はししゃもとホタテでした。このお店はお通しで七輪を持ってきてくれるんですよ。もちろん遅れて合流してきた人がいたら、一人分だけのせてその人のためだけに運んできてくれます。

焼きアスパラ

でっかいアスパラです。食べかけのホタテがお見苦しくてすみません。塩味に絶妙の焼き加減。産地は季節によってかわるそうです。

だだ茶豆の塩焼き

だだちゃ豆の塩焼き。茹でるのではなく焼くんですね。今度家でも試してみようかな。

刺し盛り

刺盛りです。変な角度の写真ですが。この日はアジ、鯛、タコ、マグロのネギ巻きだったと思います。

カツオのたたき

カツオ。

キャベツのサラダ

キャベツのサラダ。オサレですね。

串焼き

串焼き

そして串焼きのお店なので串焼きも頂きます。ここまででも大満足なのですが、このお店の本当の凄さはここから。

串jigeのマグロの中落ち

串jigeのマグロの中落ち

トップ画像にものせた鮪の中落ち。かぶと焼きと並んで串jigeの顔とも言えるメニューです。近くで見るとものすごいインパクト。予約必須です

マグロの中落ちを貝で救う

これを貝ですくって、醤油につけて頂きます。このお店はこういう雰囲気作りがすごくいいんですよ。

ただでさえ巨大な中落ち、しかも裏側までビッシリ肉がついています。流石に飽きるし、うまく掬えずに残った部分がもったいない、とか思いますよね。

マグロの中落ちをなめろうや鉄火巻きに

なんと残った部分をユッケやネギトロ、鉄火巻きに変身させてくれるんです。すごすぎる。中落ちは一人あたり1500円〜2000円くらいだったと思います。注文は2人前から。

〆の雲丹おにぎりとかも食べたのですが、写真を撮り忘れてしまいました…。この雲丹おにぎりも衝撃のおいしさなのでぜひ食べて欲しいです。

まとめ

ここまで読んでいただいたら分かる通り、串jigeはとにかく色々と演出がすごい。新しく恋人が出来るたびに連れて行ってドヤ顔をキメたくなる、そんなお店です。宴会もできるので、飲み会の幹事を任されて良いお店を探しているなら要チェック!

気になる予算ですが、飲み物の量にもよりますが5000円では済まないが10000円はかからない、というくらい。安くはないのでお客さんの年齢層も30代以上の人が多いのですが、僕のような背伸びをした若造でも丁重にもてなしてもらえます。彼氏彼女の誕生日を祝いたい大学生とかでもチャレンジできますよ。

ランチも有名ですし夜も予約なしの飛び込みで入ることもできますが、やっぱりまぐろの中落ちかかぶと焼きを予約して行ってほしいですね。

シェアする

フォローする