【格安sim】Freetelは混雑時でも通信速度が安定!低速は…

freetelのロゴ

ドコモの更新月がきたので、佐々木希ちゃんの肉球CMでおなじみの格安SIM「Freetel(フリーテル)」に乗り換えてみました。従量制を採用した独自のプランに加え、混雑時間帯の速度の安定感など想像以上にクオリティが高く非常におすすめです。

Freetelは通信速度が安定

格安simで一番懸念されるのがキャリアより安定感のない通信速度ですが、今のところ満足いく速度が出ています。まず普通の時間帯の速度がこちら↓。

freetelの通信速度 通常

回線が混雑して速度低下が起こるお昼時でも下り6MB程度とかなり速いです。10MBを超えることもよくあり、混雑時の通信速度の安定感がFreetelの一番のウリといえるでしょう。他の方のレビューを読んでも概ね満足いく速度が出ているようです。

freetelの通信速度 混雑

スマホの場合、下り3〜5MB程度あれば動画も含めてストレスなく見られるので、現状では何の問題もありません。

Freetelはスピードテストの数字だけ速く表示されるようにチューニングされているなんて声もありますが、僕が使っている範囲ではお昼時でもYoutube動画を途切れずに再生でき大きな不満もありません。

低速モードは使い物にならない

僕がFreetelを契約した6月頃までは、低速モードでも安定して0.1Mbps程度の速度がでていて、Google Play MusicやRadikoなどの音楽ストリーミングを途切れずに再生することができていました。

しかし7月以降、低速モードは全く速度がでなくなってしまい使い物になりません。現状、専用アプリから低速を解除しようとしてもなかなか繋がらないほどの遅さです。

freetelの低速モード

よって通信量のカウントされない低速モードが使いたいという人は、Freetelはやめたほうがいいでしょう。制限をかけずに、キャリアと同じような感覚で使いたい人がFreetelを選ぶべきです。

安定感のある低速モードが欲しい人は、mineoがおすすめです。僕も最近契約してみたので、そちらのレビュー↓もあわせてお読みください。

低速モードの切り替えは会員ページから→専用アプリがリリースされました。

freetel 低速モードへ切り替え

この低速モードへの切り替えはブラウザの会員ページから行う必要があります。他社では専用のアプリから切り替えを行うこともできるので、この点は少々不便です。ただ会員ページをブックマークしてログインしたままにしておけば、切り替えもそこまで手間はかかりません。

現在はandroid、iOSともに専用のアプリがリリースされているので、通信料の確認、低速モードの切り替えなどが簡単に行えるようになりました。

freetelの会員専用アプリ

Freetel Simの料金プラン

格安simの会社はたくさんありますが、Freetelが他社と違う点は、使った分だけ課金される従量制のプラン(使った分だけ安心プラン)があるということです。(以下の価格は税抜き)

データ(SMS有)通話付き
100MBまで439円999円
1GBまで639円1199円
3GBまで1040円1600円
5GBまで1660円2220
8GBまで2280円2840円
10GBまで2610円3170円

10GB→(最近上限が上がりました)20GBを越えると速度制限がかかるので、青天井で課金されるということはありません。

使った分だけ安心プランはカウントフリーの対象サービスが限られる点は注意

最近格安sim業界で流行しているカウントフリー機能。Freetelでは、

下記4つのサービスは12/20よりカウントフリーの提供開始

といった多くのサービスの利用に関しては通信量がカウントされません

ただし上で紹介した従量制のプランでは、ポケモンGOより上に記載した5つのサービスのみがカウントフリーの対象となります。Twitterやインスタのカウントフリー機能が有効なのは定額制プランのみとなります。

個人的にFreetelのウリは従量制のプランだと考えているので、定額制プランを選ぶのであればLINEモバイルの方がイチオシです。LINEモバイルは現時点(2016年12月)で圧倒的に快適な通信速度を誇り、各種SNSの通信量がカウントされないカウントフリー機能もあります。LINEモバイルの詳細レビューはこちら↓。

Amazonでsimを取り寄せてからの開通手続きが楽チン

freetel 開通手続き

Freetelは公式HPからも申し込むことができますが、Amazonでsimを購入してから開通手続きをすると楽です。Amazonプライムにも対応しており、早ければ当日中、遅くても翌日にはsimが家に届きます。

現在、契約時の初期費用は料金体系が2つあります。

トータルで見ると後者の方がお得になります。Freetelは解約金が無料(1年以内のMNPは違約金アリ)なので、まず前者のプランで実際の速度を確かめてみて、納得がいけばメインの回線を後者のプランでMNPするのが一番安全だと思います。

試用に1000円ほど余計な費用がかかりますが、スマホの通信品質は日常生活のストレスに大きく関わっているのでケチるほどの金額ではないでしょう。

freetel simカード

simが到着したら、公式HPから簡単に開通手続きができます。個人情報を入力して専用のプロファイルをダウンロードするだけなので、simを受け取ってから10分もあれば通信が可能になります。

最初はLTEをつかまなくて焦ったのですが、端末を再起動したら繋がるようになりました

プロファイルをダウンロード

音声通話付きプランの新規契約、MNPの場合は身分証明書の提出が必要ですが、こちらも免許証などの写真を撮って会員ページからアップロードするという現代的な方法で行うことができます。

iphone simカード入れ替え

ドコモやsimフリーの端末を持っていればそのまま乗り換えることができますし、iPhone 6S以降のiPhoneならsimロックの解除申請をすることでauやソフトバンクからも移項できます。

SIMカードだけ契約する場合、iPhone用とandroid用で購入するsimカードが異なる点は要注意。またデータ通信専用のプランの場合、後からsms機能を追加することができません。間違えてsmsなしのsimを開通してしまった場合、smsを利用するには再契約が必要になるので購入前の確認を忘れずに。